FC2ブログ

ロボットと共に生きる!②

【ロボットとともに生きる!】②
【大阪府八尾市の行政書士本広】


今日の日経新聞の記事にロボットを導入して、業績が改善した会社の記事が載っていました。

しかし、そこには同時に従業員が減ったことも書いてありました。

僕は、ここでこの会社の批判をするつもりはありません。これが現実だと思います。また、生き残るための良い方法だとも思っています。

しかし、僕の考えは違います。

自動運転車が仕事を奪うか?ロボットが仕事を奪うか?はその会社、社会の理想よりも仕組みが重要だと考えています。

理想が良いものであってもそれを実現していくのは、人間です。

どういう考えで、どういう仕組みを作るか!が重要だと思います。

一番、現時点で考えていなくてはいけないのは、自動運転車、ロボットを購入できる資金を持っているか・・・・だと思っています。

損害保険は、僕は人間が運転するより自動運転のほうが安全だ、労働基準法も守れるようになる、などの理由で自動運転車、ロボットが開発され、導入される予定だと理解しているので、自動車会社が補償をするのが妥当だと考えます。

自動車会社が補償しない場合は、運送会社、自動運転車を購入した人がすることになりますから、高い車を購入して、自分が運転もしていないのに損害賠償の責任を負うのはおかしいと思います。

個人的に気になってるのは、車の免許がいるかどうかです。僕は、免許を持っていないので、自動運転車なら免許はいらない!ということになれば、購入できる資金があれば買いたいですね(笑)

自動運転車、ロボットの導入は、人の負担を減らしてくれます。しかし、仕事は行われるわけですから、その運賃をどう考え、分配するかで新しい社会の姿が決まると思います。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行政書士本広

Author:行政書士本広
行政書士が作った合同会社によって、日本で初めてトラック1台で加入して、社員(従業員ではありません)になれば、名貸しではなく、営業ナンバーを付けて運送業が出来る大阪運送事業合同会社を作ることが出来ました!
運送業でこれからの時代を生き抜くために作った大阪運送事業合同会社!です。
このブログで、大阪運送事業合同会社の特徴の説明、社員募集をしています。そして、大阪運送事業合同会社が一番嫌いなのが、「名義貸し」です。
そういうことも含めて詳しいことをブログで書いていきます。
大阪運送事業合同会社のことで、質問のある方は、気楽に連絡してください。
(TEL)072-923-0460
(メールは)kqkr05340@ares.eonet.ne.jp

FC2カウンター
ノーマルカレンダー
<< 11
2018
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR