FC2ブログ

大阪運送事業合同会社と分業!

【大阪運送事業合同会社と分業!】⑥
【大阪府八尾市の行政書士本広】


まだまだこれからの大阪運送事業合同会社です。

しかし、今日、代表社員、運行管理者、整備管理者と責任のすべてを負っていることはかまわないのですが、社員の方が得意なことは社員にまかせることの良さを感じました。僕も分からない、知らないことを多く抱えてストレスを感じていますが、軽減できると思います。

僕は、今、会社から給料が出てないので、僕の嫌いなボランティアをしている状況です。運営費は僕の給料ではないのですが、助けられてる面はありますが、それでも、行政書士で稼いで、同時によく分からない運送業の準備をするのは負担が大きいものがあります。

僕は、運送会社として必要な管理のことを伝える役目はありますが、車のことはさっぱり分かりません。しかし、4トン車までは、車庫を僕でもみつけられるのですが、大型トラックが入るとなると、300坪で月40万円という資金があるようになれば、僕でも見つけられますが、資金がない!となると広いところは高くて借りられない、100坪くらいで手頃なところとなるとなかなかみつかりません。

営業所から車庫までの距離は直線距離で10キロです。

一つにまとめられるまでは、大型は1台で車庫を借りる、という方法もあるな?と考えました。その時、運送会社の車庫はトラックの長さ、幅より前後、左右50センチ点検できる広さが必要なことを伝えて、社員に見つけてもらうのも良い方法だとおもいました。

また、同時に僕は大阪運送事業合同会社を維持、発展させるこに関わっていきますが、給料が出るようになっても僕にとっては、自由は大切なものです。

僕が出なくてはいけない場面では、労力を惜しむことはありませんが、僕よりよく知っていて、得意なことはその社員にまかせていくことも大切だと思いました。

大阪運送事業合同会社は、自分の実力を存分に発揮してもらう場だと、僕も含めいえる会社だと思います




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行政書士本広

Author:行政書士本広
行政書士が作った合同会社によって、日本で初めてトラック1台で加入して、社員(従業員ではありません)になれば、名貸しではなく、営業ナンバーを付けて運送業が出来る大阪運送事業合同会社を作ることが出来ました!
運送業でこれからの時代を生き抜くために作った大阪運送事業合同会社!です。
このブログで、大阪運送事業合同会社の特徴の説明、社員募集をしています。そして、大阪運送事業合同会社が一番嫌いなのが、「名義貸し」です。
そういうことも含めて詳しいことをブログで書いていきます。
大阪運送事業合同会社のことで、質問のある方は、気楽に連絡してください。
(TEL)072-923-0460
(メールは)kqkr05340@ares.eonet.ne.jp

FC2カウンター
ノーマルカレンダー
<< 11
2018
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR