FC2ブログ

運送業で時代を生き抜く!

【変化することは悪くないが・・・?】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


大阪運送事業合同会社は、経費の負担が少なくて会社も存続しやすく、運送業で生活していきたい人のために作った会社です。

僕は、早くからNPO法人やボランティアのことが気になっていたので、よく書いてるように自分の収入もあるシンプルな協同組合のようなものを頭で思い描いていました。

しかし、始めてみるとお金がない!という状態の大変さに少し気付きました。

もう8年になる合同会社ですが、まだ、少し気付いた程度だと思います。

昨年は自分がお金を儲ける才能がないので、お金を儲ける才能がある人と欠点を補い合うという方法に取り組みました。

しかし、本当に才能がある人は自分でそれなりのものは作るもので、若いとは言ってもそれなりの年齢になっても何も形を作れてない人には、もうける以上の欠点があることに気付かされました。

合同会社に加入してくる人で自分の車を持ち、仕事も取れる予定で入ってくる人は運送業の経験も長い人です。こういう人達だけで作る予定の合同会社でしたが、リース・ローンの必要性も分かってきました。

これからも合同会社に長くいて、そういう人にリース・ローンを組むことは良いことだと思いますが、一気に仕事もなく、車もない人のためにリース・ローンを組むことの問題にはすでに気付かされました。

初めは、本気でやる気であっても、経験がないわけですから、途中で嫌になることが多いことです。

また、最近の若い人の傾向ですが、初めから頭を使う仕事で大金を稼ぎたいと望むことです。

こういうことが実現できる人はわずかです。ほとんどの人は俺の才能が分からない奴ばかりだとなるわけですが、才能があるなら見せつけることです!

それで、大阪運送事業合同会社もこの時点で、再確認の作業に入ります。初めから一運転手より多い収入を得られるはずだと思う人には、退会してもらい自力で実力を見せてもらうことにします。

運送会社と繋がりのある人は貴重な存在ですが、その運送会社は誰と契約しているのかを確認していかなくてはいけないと考えています。契約は、ある人の紹介によってだとしても契約は合同会社としているはずです。その点があいまいになっているので、明確にしていきます。

時代が変われば、変化も必要だと思います。しかし、変化をするときになし崩し的にそうなってしまったときは、変化をすることへの覚悟というものができていません。

これから数日は覚悟の確認作業だと思います。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行政書士本広

Author:行政書士本広
行政書士が作った合同会社によって、日本で初めてトラック1台で加入して、社員(従業員ではありません)になれば、名貸しではなく、営業ナンバーを付けて運送業が出来る大阪運送事業合同会社を作ることが出来ました!
運送業でこれからの時代を生き抜くために作った大阪運送事業合同会社!です。
このブログで、大阪運送事業合同会社の特徴の説明、社員募集をしています。そして、大阪運送事業合同会社が一番嫌いなのが、「名義貸し」です。
そういうことも含めて詳しいことをブログで書いていきます。
大阪運送事業合同会社のことで、質問のある方は、気楽に連絡してください。
(TEL)072-923-0460
(メールは)kqkr05340@ares.eonet.ne.jp

FC2カウンター
ノーマルカレンダー
<< 11
2018
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR