運送業で時代を生き抜く大阪運送事業合同会社!

【大阪運送事業合同会社を訪問された方への会社紹介】
(常に一番に表示しています)

検索で大阪運送事業合同会社のことを知りたい方のために、常に一番に表示されています。
ブログの記事としては、次の記事が更新の一番新しい記事になります。

大阪運送事業合同会社は、平成22年8月に一般貨物自動車運送事業、利用運送事業許可を受けた運送会社です。

大阪運送事業合同会社の仕組みは、「合同会社に利益をもたらすのは、運送業務に携わる社員だから、運送業務に携わる社員の収入の方が多いことが当然」という考えに沿って作られています。

税務署の法人部門担当官との相談で、庸車としています。合同会社の仕事を社員所有トラックで運送する。合同会社は雇用契約ではなく、加入契約よって社員(出資者)となります。売上の1割~2割を運営費として会社に納めてもらい、後は、社員の所得となります。この仕組みにより、社員は労働者ではなくなります。そして、合同会社の規則、指示に従って運送業務を行ってることにより、合同会社の構成員であることを明らかにしています。この2点が大阪運送事業合同会社の重要ポイントです。

大阪運送事業合同会社は、特定の誰かの会社ではありませんから、会社の維持、発展に必要な費用だけが、会社の収入ですし、会社の維持、発展のために必要な運営費ですから、この運営費が不足すれば、大阪運送事業合同会社は、倒産してしまいます。ですから、大阪運送事業合同会社は、自分たちの会社だということをしっかり自覚して大阪運送事業合同会社で加入してもらいたいと思います。大阪運送事業合同会社の維持・発展は自分の生活の維持・発展につながることになります。

大阪運送事業合同会社は、「トラックを持ち、仕事を持つ」人の加入が基本です。しかし、現状を踏まえて、仕事を確保することにもしっかり取り組んでいます。そして、トラックの用意も出来るようになりました。リース・ローンを組むことが出きるようになりました。

しかし、リース・ローンも枠がありますから、次から次にいれることは出来ません。そして、リースでいれる車は新しい車ですから、経済的負担も大きいです。そのため、短期リース・ローンによって中古車をいれることも予定しています。

そして、大阪運送事業合同会社としては、4トン中心で事業計画を組んでいく予定です。大型車は値段も高いですし、車庫の問題も起こってきます。

大型で加入したい人を拒否することはありません。しかし、少し待ってもらうことはありそうです。遅い歩みですが、頑張っていきますので、これからもよろしくお願いします

大阪運送事業合同会社という会社は、こういう仕組みの会社です。


それでは、多くの方が大阪運送事業合同会社の目標に共感し、仕組みに可能性をみて、加入してくださることを期待して、紹介を終わりとしたいと思います。


スポンサーサイト

運送業で時代を生き抜く大阪運送事業合同会社!

【今日のうれしい報告!】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


ここ数日、雨が多くて嫌ですね。ホワイトシェパードの小次郎君の散歩も天気予報をチェックしながら日を決めなくてはいけないので大変です。

しかし、小次郎君の喜ぶ姿をみたら、そういう面倒な思いは吹っ飛びます!

昨日は、大阪運送事業合同会社は、いろいろなことが決定した日でした。

日野の4トンウイング新車が24日納車になりました。

去年から加入希望社員だった人(法人ですが)が、加入できる用意が整ったという連絡が入り、来週には、加入の手続きが出来ると思います。4トン平型です。

これも来週か再来週には、加入してもらえると思いますが、4トン冷凍車です。

ガソリンカード、ETCカードも揃い、準備だけは整った感じです。

うれしい気持ちと同時に、これからだ!という不安もあります。今年、来年は、社員の入れ替わりが激しい年になりそうですし、新しい準備に奔走する日々で、勉強になることは多かったです。

しかし、運送業は、お金が掛かるということを実感させられ、本来、行政書士で、普通の生活ができる収入で生きてきただけに、社員の奮闘を、今は、祈ってるところです(笑)

後、今月末までに合同会社の確定申告をしなくてはいけないのもあって、決定したことの準備もあり、ちょっと落ち着きません。

今日、最初の記事です。



運送業で時代を生き抜く大阪運送事業合同会社!

【迫り来る第3次産業革命】
文明評論家 ジェレミー・リフキン氏 2017年10月17日記事


【聞き手から】(編集委員 西條都夫)の記事を紹介します。
リフキン氏の記事は「行政書士本広の現状分析」で紹介しています。


〈聞き手から〉政治的反発・IT寡占が課題

 リフキン氏の提唱する第3次産業革命のコンセプトは明確で、実際の事例の裏付けも多い。その考え方そのものに正面から異議を唱える人は少ないだろう。だが、第3次革命がスムーズに進むかといえば、それは別問題だ。

 一つのハードルは、リフキン氏も言及している政治的な反発だろう。トランプ政権は地球温暖化対策に背を向け、石炭など化石燃料を重視する政策にカジを切った。米中西部や東部の石炭産地への配慮が背景にある。

 日本では第3次革命と足元の雇用や景況が正面から矛盾する案件はまだ少ないが、例えばカーシェアが普及し、自動車産業の雇用や取引連鎖が脅かされる事態になれば、政府は事態を静観できるだろうか。

 第1次革命の時代に、英国では失業を恐れた繊維工業の労働者によって「ラッダイト運動」と呼ばれる機械打ち壊し運動が起きた。経済の前進を阻害することなく、他方で激変緩和をはかって「痛み」を少なくするかじ取りが、各国の政府、政官財のリーダーの仕事である。

 もう一つのハードルはIT産業における強大な寡占企業の存在ではないか。米グーグルやフェイスブックなどは新サービスの開発で私たちの生活を便利にした半面、それぞれの領域で独占的な基盤を築いている。

 「急激なコスト低減が第3次革命の特徴」とリフキン氏は言うが、いくらコストが下がっても競争原理が働かなければ、社会への還元が限定的になる恐れがある。競争当局がサイバー独占にどう向きあうかも焦点だ。

1つの意見ですね。




運送業で時代を生き抜く大阪運送事業合同会社!

【電気自動車への移行は?】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


電気自動車への移行が強まってる感じもしますが、なかなか難しそうな記事も目にします。

電気自動車は、自然環境に良い!という感じて捉えられていると思いますが、意外とそういう時代がくると、一般人が知らなかったような問題が起こったりします。

そういう問題は、電気自動車への移行が現実的になったころに、科学者から問題指摘が出て来たりします。

今日の日経新聞の記事に

「EVのバッテリーはスマートフォンよりもはるかに多くの原料を必要とする。それがリチウムやコバルトなど、価格が急騰中の小規模市場に難題を突きつけている。
 同社は必要な量について具体的な数字は明かさなかったが、ある取引業者は、入札の募集内容から8万~13万トンのコバルトが必要になると話す。現在のコバルトの産出量は年間10万トン余りにとどまる。」

というような記事が載っています。

しかし、素人には、電気自動車のこと、自動運転車のことなど、解説を読むかぎりでは、自動運転車はそう簡単ではないな・・・!
と比べて、電気自動車は、技術的な問題があるが解決できなくはなさそうだし、今までは、手軽に手に入るガソリンなどで動く車で充分だ、という雰囲気が、電気自動車でないとダメだに変われば、これは本当に変わるのかも?となってきます。


今、世界の情勢はピンチのはずですが、いろいろな変化が起こることには、少しワクワク感もあります。ただ、ちょっと嫌な感じの変化が多そうなのが気になるところです。

今日、最初の記事です。


運送業で時代を生き抜く大阪運送事業合同会社!

【現場主義の大阪運送事業合同会社!】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


大阪運送事業合同会社は、創立7年ですが、一度も事故は起こしていません。

だからと言って、大阪運送事業合同会社は、これからも事故を起こすことはない!とは言い切れません。

人間に絶対はありません。

しかし、合同会社の仕組みに事故が起きにくい理由はあると思います。

もう何度も繰り返されてることなので、いちいち詳しくは書きませんが、今日の日経新聞にも1面で記事が載っていましたが、「現場任せ限界」とあります。

例えば、現場に無理な負担を負わせていれば、現場は、クリアしてるように見せないといけないわけですから、誤魔化しが出てきます。

大袈裟ですが、経営陣から現場まで、一体となって、自分たちのために頑張ろう!となっていれば、こういう問題は起こっていないと思います。

嫌なのが、すぐに新しい管理体制です。新しい管理体制を問う人も管理されるのは、嫌だと思います。

社員の負担を軽くするための新しいシステムの導入には、賛成です。

経営陣と現場が納得する体制で事業を行うこと。現場の状態に無理があるなら、人員削減ではなくロボットの導入などによって、負担の軽減をすれば良いと考えます。

大阪運送事業合同会社もデジタル機器は、社員、運営陣の負担を軽くするために導入しようと考えています。

今日、最初の記事です。


プロフィール

行政書士本広

Author:行政書士本広
行政書士が作った合同会社によって、日本で初めてトラック1台で加入して、社員(従業員ではありません)になれば、名貸しではなく、営業ナンバーを付けて運送業が出来る大阪運送事業合同会社を作ることが出来ました!
運送業でこれからの時代を生き抜くために作った大阪運送事業合同会社!です。
このブログで、大阪運送事業合同会社の特徴の説明、社員募集をしています。そして、大阪運送事業合同会社が一番嫌いなのが、「名義貸し」です。
そういうことも含めて詳しいことをブログで書いていきます。
大阪運送事業合同会社のことで、質問のある方は、気楽に連絡してください。
(TEL)072-923-0460
(メールは)kqkr05340@ares.eonet.ne.jp

FC2カウンター
ノーマルカレンダー
<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR