FC2ブログ

運送業で時代を生き抜く大阪運送事業合同会社!

【大阪運送事業合同会社を訪問された方への会社紹介】
(会社紹介は常に一番に表示しています)

ブログ記事は、次の記事が更新の一番新しい記事となります。

大阪運送事業合同会社は、平成22年8月に一般貨物自動車運送事業、利用運送事業許可を受けた運送会社です。

大阪運送事業合同会社の仕組みは、「合同会社に利益をもたらすのは、運送業務に携わる社員だから、運送業務に携わる社員の収入の方が運営に携わる者より多いことが当然」という考えに基づいて作られています。

税務署の法人部門担当官との相談で、庸車としています。合同会社の仕事を社員所有トラックで運送する。合同会社は雇用契約ではありません。加入契約よって社員(出資者)となります。売上の1割~2割を運営費として会社に納めてもらい、後は、社員の所得となります。この仕組みにより、合同会社の社員は労働者ではなくなります。そして、合同会社の規則、指示に従って運送業務を行ってることにより、合同会社の構成員であることを明らかにしています。この2点が大阪運送事業合同会社の重要ポイントです。

大阪運送事業合同会社は、特定の誰かの会社ではありませんから、会社の維持、発展に必要な費用だけが、会社の収入です。そして、会社の維持、発展のために必要な運営費ですから、この運営費が不足すれば、大阪運送事業合同会社は、倒産してしまいます。ですから、大阪運送事業合同会社は、自分たちの会社だということをしっかり自覚して大阪運送事業合同会社に加入してもらいたいと思います。大阪運送事業合同会社の維持・発展は自分の生活の維持・発展につながりになります。

しかし、今の社会に生きてきて、「皆で作っていく」というのは、分りにくいようです。「誰かに雇われる、誰かを雇う、という経験を単純に足して」ではありません。そこにこの会社の仕組みでは、こうしなくてはと考える必要が出てきます。これはこれからの大きな課題です。

大阪運送事業合同会社は、「トラックを持ち、仕事を持つ」人の加入が基本です。しかし、現状を踏まえて、仕事を確保することにもしっかり取り組んでいます。そして、トラックの用意も出来るようになりました。リース・ローンを組むことが出きるようになりました。

しかし、リース・ローンも枠がありますから、次から次にいれることは出来ません。そして、リースでいれる車は新しい車ですから、経済的負担も大きいです。そのため、短期リース・ローンによって中古車をいれることも予定しています。

そして、大阪運送事業合同会社としては、4トン・大型を中心に事業計画を組んでいます。大型車は値段も高いですし、車庫の問題も起こってきます。そして、具体的な事業計画は社員の中から出てきてほしいと思っています。

大阪運送事業合同会社の社員は一人一人が運営者です。

大型で加入したい人を拒否することはありません。しかし、少し待ってもらうことはありそうです。遅い歩みですが、頑張っていきますので、これからもよろしくお願いします。

大阪運送事業合同会社という会社は、こういう仕組みの会社です。


それでは、多くの方が大阪運送事業合同会社の目標に共感し、仕組みに可能性をみて、加入してくださることを期待して、紹介を終わりとしたいと思います。


スポンサーサイト

どこまで人の仕事がなくなるのか・・・?

【どこまで人の仕事がなくなるのか・・・?】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


今の雰囲気では、あるいは、常識では、でしょうか?2015年ころには運送業や単純労働にくくられてしまう仕事についてる人は失業者になっているようです。

将棋や碁の世界の出来事で考えると、頭脳だけの労働(仕事)の人もなくなりそうな勢いです。

いろんな意味でやる気を出させる授業ができる先生や教授は生き残れるでしょうが、それが出来ない先生は失業者になるのかもしれません。

当事者には、変化の時なのかどうかはわからないようです。
だから、騒いでいる人を笑う人もいます。
その笑っている人が失業者になったときに、その人は俺は失業者になって当然だ!と思うのでしょうか?

僕は科学的なことは自分では研究していないし、出来ないので、本当のところは分っているとは言えない人に入るでしょうが、考えることが面白い!と思っています。

自分で調べて考えて、外れれば自業自得ですし、当たれば、楽しいですね

何も考えないでも何か起こってピンチになったときに、慌てふためいて、どうにかしろ!と騒ぐ人にはなりたくないです。

僕は予定通りに行くとは思っていませんが、自動運転車、ロボットによる作業が行われて無人化の時はくると思っています。

しかし、そのことが不幸な状態かどうかは、分らないと思います。

今の時代は、力が強くなくても困らない時代です。それは、女性が活躍できる状況を作り出しました。

戦国時代であれば、英雄、豪傑として名をあげることができたような人が、今では、強さを見てもらって収入を得る人になっている感じもあります。

ただ、騒ぐ人になる必要はないと思いますが、何か変わるときに参加している人であることは大切だと思います。

人の寿命は分らないものですが、先頭を切って走れない歳なのは残念に思うときもありますが、考えることで勝負が出来る時代になっていますから、この激動の時代を楽しみたいと思っています

成果を挙げているときに落ち着いているのは、そう難しいことではないようですが、残念ながらというか、人生は皆に公平で、山あり谷ありが人生のようですから、山でも谷でも楽しめることが大切だと思います。


レベル4の完全無人化による自動運転の営業を目指せ!

【レベル4の完全無人化による自動運転の営業を目指せ!】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


今、一番、自動運転車の実現に近いのはタクシー業界のだと思います。

そのタクシー業界で「日の丸交通」はいろいろと話題を呼ぶことをする会社ですが、その会社の社長「富田和孝氏」のタクシー業界の改革案が日経新聞に載っていました。

現状で、富田氏の考えは、トラック運送にも参考になることは多いと感じますので、その指摘と改革案を参考に考えていきたいと思います。

日の丸交通は2018年8月に自動運転技術の開発を手掛けるZMPと共同で、自動運転タクシーサービスの試験運行を実施しています。12日間の期間限定、六本木─大手町間の固定ルート、1500円の固定料金という限定条件での試験運行ですが、合計95回・約350人の乗客を実際に運んだそうです。


「自動運転はタクシードライバーの雇用を奪う」「敵に塩を送る行為だ」「運行の安全はどうやって保証するのか」という、タクシー事業者による自動運転タクシーの試験運行には、批判の声が上がったそうです。

しかし、日の丸交通の富田和孝社長は「タクシー業界にとって自動運転は救世主だ。人手が少ない中、リソースをフル回転させて営業できる」と発想の転換を呼びかけています。
背景には、ライドシェア解禁への危機感、ドライバー不足、働き方改革など、タクシー業界を取り巻く厳しい経営環境があります。

技術だけの問題ではなく、法整備が出来ていないこともあり、予定通りにはいかないと思いますが、タクシーの問題は、タクシー業界が率先して改革していこうという姿勢は大切だと思います。

タクシーも今は、補助金を利用して、400万円以下で購入できるそうですが、自動運転車ができれば、1000~2000万円になるだろうと予想されていますが、トラックの場合は、今でも4トン車1000万円、大型だと2000万円です。

自動運転車となると、購入できるのでしょうか?

また、富田氏はレベル4の完全無人化で自動運転タクシーでの営業を考えておられますが、これは、運送業を行っていく上で大切なことです。今、国などが考えているレベル3では、車購入の大きな負担以外に、今まで通りの法の規制がかかってきます。

経済学の主流ではないようですが、誠実な経済学者が提案しているベーシック・インカムを自分たちのためになる内容で実現させるためには、自動運転、完全無人化のレベル4による運送業を運送会社もドライバーも積極的に参加して作り出していくべきだと思います。

運送会社、ドライバーが積極的に参加しない国まかせの改革で、運送業界の明るい未来はないと思います。



空を飛ぶ大型トラックと自動運転!

【空を飛ぶ大型トラックと自動運転!】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


トラック、車といえば、タイヤ付き、ということでしたが、最近は空を飛ぶ車の話も出てきています。

何が問題なのかが分っていないと、これがだめなら、あれはどうだ!となります。

このことは悪いことではないと思いますが、なぜ、自動運転車がスムーズにいかないのかを理解していないと、机上の空論になります。

実験で自動運転車がうまく成功しても、数が違ってくると、同じようにはいきません。

初めは、技術的な問題に振り回されて、現実化の問題に素人は口が出せない感じでしたが、新聞、ネット、書籍も多くでて、何が問題なのかが分ってきています。

運送会社の立場で言えば、自動車会社等が多額の費用をかけて開発した車は値段が高すぎます!

今あるそこそこ新しいトラックと無料交換してくれるのでしたら良いのですが、そうはいかないでしょう。

自動運転車になって、車の購入もしなくてはいけないのに、規制がどうなるかで、損害保険も車の所有者が入らなくてはいけないなら、何のための自動運転車なのか?となります。

無免許でも自動運転車であれば乗る資格があるなら、価値はあります。それなら損害保険は当然、自動車会社持ちになるはずです。

自動運転車でも中古車はできるはずですが、その中古車が安いなら、購入しやすいですし、自動運転車ですから無免許、無保険でも良いはずですよね(笑)

自動運転車が早く実現化して、無免許、無保険で良いのですから、早く実現化してほしいですね。

2025年には実現していることを期待しています


空飛ぶ車は出来るのにどうして?

【空飛ぶ車は出来るのにどうして?】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


空飛ぶ車を作ることは技術的には可能になっていると思います。

飛行機のようなのじゃなくて、未来映画に出てくるような車ですね(笑)

ただ、実験的な場合での技術的問題はもうどうにかできる段階になっていると思いますが、現実の社会でとなると、実験とは違って、走るためでも、飛ぶためでも、法律が関係してきます。

また、特定の車しか走れないのでは、意味がありません。

数的問題は大きいと思います。

もちろん、自動運転車も技術的には可能になっていると思います。

僕は、自動運転車ができても、空飛ぶ車が出来ても、そこに働いてる人たちの気持ちが繁栄される状況があれば、仕事がなくなる、収入がなくなる」ことはないと思っています。

そこで仕事がなくなるなら、ベーシックインカムの考えも机上の空論になると考えるのが論理的だと思います。

大阪運送事業合同会社は社員自身が頑張らないとだめな会社ですが、一般社会においても自分の頑張りなしに誰かがどうにかしてくれることはないと思います


プロフィール

行政書士本広

Author:行政書士本広
行政書士が作った合同会社によって、日本で初めてトラック1台で加入して、社員(従業員ではありません)になれば、名貸しではなく、営業ナンバーを付けて運送業が出来る大阪運送事業合同会社を作ることが出来ました!
運送業でこれからの時代を生き抜くために作った大阪運送事業合同会社!です。
このブログで、大阪運送事業合同会社の特徴の説明、社員募集をしています。そして、大阪運送事業合同会社が一番嫌いなのが、「名義貸し」です。
そういうことも含めて詳しいことをブログで書いていきます。
大阪運送事業合同会社のことで、質問のある方は、気楽に連絡してください。
(TEL)072-923-0460
(メールは)kqkr05340@ares.eonet.ne.jp

FC2カウンター
ノーマルカレンダー
<< 02
2019
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR