FC2ブログ

大阪運送事業合同会社紹介!

【大阪運送事業合同会社を訪問された方への会社紹介】
(会社紹介は常に一番に表示しています)

ブログ記事は、次の記事が更新の一番新しい記事となります。

大阪運送事業合同会社は、平成22年8月に一般貨物自動車運送事業、利用運送事業許可を受けた運送会社です。

大阪運送事業合同会社の仕組みは、「合同会社に利益をもたらすのは、運送業務に携わる社員だから、運送業務に携わる社員の収入の方が運営に携わる者より多いことが当然」という考えに基づいて作られています。

税務署の法人部門担当官との相談で、庸車としています。合同会社の仕事を社員所有トラックで運送する。合同会社は雇用契約ではありません。加入契約よって社員(出資者)となります。売上の1割~2割を運営費として会社に納めてもらい、後は、社員の所得となります。この仕組みにより、合同会社の社員は労働者ではなくなります。そして、合同会社の規則、指示に従って運送業務を行ってることにより、合同会社の構成員であることを明らかにしています。この2点が大阪運送事業合同会社の重要ポイントです。

大阪運送事業合同会社は、社員の力により維持、発展できる会社です。会社は本廣が作りましたが、維持、発展できるかどうかは社員しだいです。

しかし、今の社会に生きてきて、「皆で作っていく」というのは、分りにくいことです。「誰かに雇われる」と「誰かを雇う」という経験を単純に足して出来ることではありません。

大阪運送事業合同会社は、「トラックを持ち、仕事を持つ」人の加入が基本です。そして、どうにかですが、トラックのリース・ローンを組むことが出きるようになりました。

そして、大阪運送事業合同会社の失敗として、「トラックを持ち、仕事を持つ人」がほとんでいなくなったことがあります。しかし、私の経験では普通の運送会社に変えることは出来ません。

これから約3年がポイントだと思っています。合同会社の実力のある社員は雇用運転手より、良い所得が得られています。しかし、運送業はきつい仕事ですから、運営側と実働側には、現状は、意識に差が出来るようです。この点の改善がこれからの課題であり、この約3年の間に社員が支え、発展させている会社になるかどうかが重要だと考えています。

大阪運送事業合同会社の社員は一人一人が運営者です。

大阪運送事業合同会社という会社は、こういう仕組みの会社です!


それでは、多くの方が大阪運送事業合同会社の目標に共感し、仕組みに可能性をみて、加入してくださることを期待して、紹介を終わりとしたいと思います。


スポンサーサイト

新しい工夫の1歩!は1歩目。

【新しい工夫の1歩!は1歩目。】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


1歩を踏み出す!の1歩が踏み出せない人は多くいます。

また、多いのは気楽に1歩を踏み出して、新しい工夫もなく、節約することもなく、・・・人生を終える人も多くいます。

多分、本人の気持ちはおいてですが、会社で働いていて、不満を持ちながらも1歩が踏み出さずに人生を終わる人も多いのだと思います。

運、不運は定めとは思いませんが、時の運というのはあると思います。

今は、節約して節約して、1歩を踏み出すよりも自分の欲しいものを買って満足するほうが良いと思います。

例えば、犬と住んでいて、借家だけども一戸建庭付きであることは良い環境だと思います。

新しい工夫は初めの1歩ですが、成功への1歩ですが、成功の1歩とは限りません

それでもやってみたいことがあるなら、新しい工夫をもって1歩を踏み出すことだと思います


昔からある仕事で良い成果を挙げる1歩!は。

【昔からある仕事で成果を挙げる1歩!は。】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


僕は、ちょくちょくAIなどの今が旬の仕事ではなく、昔からある仕事で今の時代を生き抜こう!ということを書いています。

その時に、必ずつけてるものは新しい工夫の必要性です。

新しい工夫もなく、気持ちだけで、お金を儲けたい、と思うのは気持ちは分りますが、絶対に上手くいかない!と断言できます。

新しい工夫はないが、大阪運送事業合同会社には、今のところは、成果をあげている人たちがいますが、この人たちは実力者です。

良い仕事を持っているし、これがダメならもうダメだ!というこがないわけです。

しかし、合同会社にいても実力がないと良い仕事は取れないですし、これがダメでも他にもある!ということができないですから大変です。

そして、何もないなら、普通に運転手をしていれば、生活はできると思うのですが、なにか事情があるからだと思えるのですが、合同会社で少しでも多く稼ぎたい、というのは良いのですが、何もなくて節約できるなら、そのうち余裕もでてくると思うのですが、何か事情があるので、節約できないで、どこかへお金が出ていく!

こういう人はダメですね。

昔からある仕事で成果をあげるなら、新しい工夫ができるか、本当に節約ができて、力を蓄えるかだと思います。

資金がなくて大阪運送事業合同会社は10年です。新しい工夫もありますが、節約しています、今も


自動運転と法の整備?

【自動運転と法の整備?】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


自動運転車が実験レベルでは、成功していることは事実です。運転手の乗り心地などの問題はおいてですが。

そして、高速道の自動運転は実験状態に近いものが作り出せそうです。

法整備も今まで、いろいろと準備していた言われれば、今頃になるかな?とも思えます。

ただ、この数年、皆さんも感じていたと思いますが、2020年実施には「えっ!」という感覚があると思います。

2017年から3年後には、と言われてきていますから国としてはこれは実現すべきことなのでしょう・・・。

しかし、自動運転車も予想されていたよりは、開発が遅れていると思います。

そして、一番遅れているのは、車が走ることに関係する本当に問題がない法整備です。



自動運転の法律が整ってきました。

【自動運転の法律が整ってきました。】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


自動運転のための法律は急いで整えられてきています。 

自動運転システムの使用に関する規定を新設した改正道路交通法が28日、可決、成立しました。
先に成立した改正道路運送車両法と合わせ、システムに運転を任せる「レベル3」の実用化に向けた法整備が完了したことになります。
ただ、事故の責任など、システムの性能や使用状況によって個別判断となる部分も多くあります。

道交法はドライバーや歩行者の交通ルールを定めていますが、今回の改正で自動運転システムを指す「自動運行装置」に関する規定が新設されました。

速度や天候、時間帯などシステムの使用条件から外れた状況で運転を任せることを禁止されています。そのために事故などに備えて記録装置で走行データを残すよう義務付けられました。

自動運転中の事故の刑事・民事責任は個別に判断されます。ドライバーがシステムの使用条件から外れる状況で運転を任せていた場合は自動車運転処罰法違反となる可能性が高いそうです。
システムの不具合が事故原因の場合、メーカー側が業務上過失致死傷罪などに問われることもあり得るとのことです。

政府のロードマップでは、2020年をめどに高速道路でレベル3を実用化。交通量が少ない過疎地などに限定して無人運転する「レベル4」の導入を目標としています。

レベル3を想定した2つの改正法は20年中に施行される予定です。

公道を使ったレベル4の実証実験は、従来の道路使用許可の規定を適用する形で既に始まっています。



プロフィール

行政書士本広

Author:行政書士本広
行政書士が作った合同会社によって、日本で初めてトラック1台で加入して、社員(従業員ではありません)になれば、名貸しではなく、営業ナンバーを付けて運送業が出来る大阪運送事業合同会社を作ることが出来ました!
運送業でこれからの時代を生き抜くために作った大阪運送事業合同会社!です。
このブログで、大阪運送事業合同会社の特徴の説明、社員募集をしています。そして、大阪運送事業合同会社が一番嫌いなのが、「名義貸し」です。
そういうことも含めて詳しいことをブログで書いていきます。
大阪運送事業合同会社のことで、質問のある方は、気楽に連絡してください。
(TEL)072-923-0460
(メールは)kqkr05340@ares.eonet.ne.jp

FC2カウンター
ノーマルカレンダー
<< 06
2019
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR