FC2ブログ

大阪運送事業合同会社紹介!

【大阪運送事業合同会社を訪問された方への会社紹介】
(会社紹介は常に一番に表示しています)

ブログ記事は、次の記事が更新の一番新しい記事となります。

大阪運送事業合同会社は、平成22年8月に一般貨物自動車運送事業、利用運送事業許可を受けた運送会社です。

大阪運送事業合同会社の仕組みは、「合同会社に利益をもたらすのは、運送業務に携わる社員だから、運送業務に携わる社員の収入の方が運営に携わる者より多いことが当然」という考えに基づいて作られています。

税務署の法人部門担当官との相談で、庸車としています。合同会社の仕事を社員所有トラックで運送する。合同会社は雇用契約ではありません。加入契約よって社員(出資者)となります。売上の1割~2割を運営費として会社に納めてもらい、後は、社員の所得となります。この仕組みにより、合同会社の社員は労働者ではなくなります。そして、合同会社の規則、指示に従って運送業務を行ってることにより、合同会社の構成員であることを明らかにしています。この2点が大阪運送事業合同会社の重要ポイントです。

大阪運送事業合同会社は、社員の力により維持、発展できる会社です。会社は本廣が作りましたが、維持、発展できるかどうかは社員しだいです。

しかし、今の社会に生きてきて、「皆で作っていく」というのは、分りにくいことです。「誰かに雇われる」と「誰かを雇う」という経験を単純に足して出来ることではありません。

大阪運送事業合同会社は、「トラックを持ち、仕事を持つ」人の加入が基本です。そして、どうにかですが、トラックのリース・ローンを組むことが出きるようになりました。

そして、大阪運送事業合同会社の失敗として、「トラックを持ち、仕事を持つ人」がほとんでいなくなったことがあります。しかし、私の経験では普通の運送会社に変えることは出来ません。

これから約3年がポイントだと思っています。合同会社の実力のある社員は雇用運転手より、良い所得が得られています。しかし、運送業はきつい仕事ですから、運営側と実働側には、現状は、意識に差が出来るようです。この点の改善がこれからの課題であり、この約3年の間に社員が支え、発展させている会社になるかどうかが重要だと考えています。

大阪運送事業合同会社の社員は一人一人が運営者です。

大阪運送事業合同会社という会社は、こういう仕組みの会社です!


それでは、多くの方が大阪運送事業合同会社の目標に共感し、仕組みに可能性をみて、加入してくださることを期待して、紹介を終わりとしたいと思います。


スポンサーサイト

・・・・・で時代を生き抜く!

【・・・・・で時代を生き抜く!】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


運送業で時代を生き抜くのが、「大阪運送事業合同会社」です。

しかし、運送業は僕がよく知っていることだったので、僕が作りました。

他にも「・・・・・で時代を生き抜く!」はあると思っています。

僕は、行政書士と運送会社の2つを行っているわけですが、2つの仕事は複業としてはそれほどよくはありません。

どちらも時間がかかる仕事だからです。複業として、時間帯が分離できる仕事であれば、もう少しよかったと思います。

他の仕事を持つなら重ならない仕事であることは大切だと思います。

運送業だけで、現状打開が出来ないときは、複業を行うのは運送業のためにも役立つと思います



運送業で時代を生き抜く!②

【運送業で時代を生き抜く!】②
【大阪府八尾市の行政書士本広】


世間がお盆休みなので、遅れていた仕事を片付けています。役所はお盆休みはないので、取らなくてはいけない資料も取りに行ったりしています。

しかし、今年の夏も暑いので、思うようには動けていません(笑)

合同会社が経済産業省が始めに考えていた内容で、日本に入っていれば、日本も産業構造が大きく変わっていたかもしれません。

大阪運送事業合同会社も合同会社の条文に従って、工夫をして、経費が削減できる会社にしましたが、日本の合同会社はアメリカのGAFAのような合同会社とは異なるので、会社が多くの資金を持つことが出来ないのは現状では大きな痛手です。

事業協同組合より合同会社の方が、工夫ができます。そして、「名義貸し」と極めて仕組み的には似ていますが、根本的にまったく異なっているのは事実です。

合法か違法か?となると、大阪運送事業合同会社以外は、同じ仕組みに見えても、間違いなく違法です。

しかし、経費削減だけでは、会社の発展は出来ません。

次は、どうやって儲けられる仕組みを作るかです!

合同会社の一人一人が力を合わせて、自分も豊かになり、会社も大きくなる。この方法以外、民主的で、自由で、豊かな社会を作る方法はないと思っています。

大阪運送事業合同会社の方針に共感してくれる社員の加入を待っています


運送業で時代を生き抜く!

【運送業で時代を生き抜く!】①
【大阪府八尾市の行政書士本広】


運送業で生き抜くには、現状では経費の節約です。

しかし、経費の節約をしたいからと、違法とまではいかなくてもグレーで注意深く経営をしていくのでは、生き残れないのではないか?と危惧しています。

大阪運送事業合同会社のような零細運送会社が、現状は中堅以上の運送会社の生き残り競争になっている状況で言える立場ではないのですが、もっと大胆な対策を行ってほしいと思っています。

平成21年、22年に事業協同組合、大阪運送事業合同会社に一般貨物自動車の許可がおりた理由を考えてほしいと思います。

事業協同組合は、中小企業協同組合法という法律で内容が規定されています。

規則などで上位法の規定を変えることは違法なことですから、事業協同組合には限界がありますし、問題も起こっていない現状から考えると、事業協同組合で可能な形で許可が出され、それをしっかりと遵守してきておられるのだと思います。

大阪運送事業合同会社は事業協同組合の限界を突破するために合同会社で事業協同組合とよく似た仕組みで許可を頂きましたが、事業協同組合のような限界はありません。

現状の大阪運送事業合同会社が直面している問題は、私の考えが甘かったことからきています。

しかし、厳しい状況なのは事実ですが、社員が運送業に夢を持てる会社は大阪運送事業合同会社だけなのは、また、事実です


重要なことが出来ていれば、認める柔軟さがあってもよいのでは?

【重要なことが出来ていれば、認める柔軟さがあっても良いのでは?】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


政治が年々、おかしくなってきてる感じがしませんか?

運送業だけではないと感じますが、規則、厳罰という方針によって、無駄なお金と時間が取られている気がしています。

本来は、規則、厳罰よりも直していく方針のほうが良いのですが、成果があがらないし、費用もかかる、ということもあって、規則、厳罰も取り入れて、成果をあげていこう!ということだったと思うのです。

しかし、最近は、規則、厳罰を行うところにお金が埋まってるようです。規則を作ったので、人がいる。そして、お金が必要だ、という感じです。

運送業だけではないと思うのですが、運送業であれば、事故をおこさない、ということはありえませんが、過失の頻度で考える範疇に収まっている。そして、社員の健康が守られている、生活も安定している!という状況が出来ていれば、僕はそれで充分だ考えます。

それが出来ている、何年、何十年もできていれば、それ以上のことは無駄だと思います。その状況を守っていくことが大切だと思います





プロフィール

行政書士本広

Author:行政書士本広
行政書士が作った合同会社によって、日本で初めてトラック1台で加入して、社員(従業員ではありません)になれば、名貸しではなく、営業ナンバーを付けて運送業が出来る大阪運送事業合同会社を作ることが出来ました!
運送業でこれからの時代を生き抜くために作った大阪運送事業合同会社!です。
このブログで、大阪運送事業合同会社の特徴の説明、社員募集をしています。そして、大阪運送事業合同会社が一番嫌いなのが、「名義貸し」です。
そういうことも含めて詳しいことをブログで書いていきます。
大阪運送事業合同会社のことで、質問のある方は、気楽に連絡してください。
(TEL)072-923-0460
(メールは)kqkr05340@ares.eonet.ne.jp

FC2カウンター
ノーマルカレンダー
<< 08
2019
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR