運送業で時代を生き抜く大阪運送事業合同会社!

【ネット検索・広告より大阪運送事業合同会社を訪問された方への会社紹介】
(常に一番に表示しています)

検索で大阪運送事業合同会社のことを知りたい方のために、常に一番に表示されています。
ブログの記事としては、次の記事が更新の一番新しい記事になります。

大阪運送事業合同会社は、平成22年8月に一般貨物自動車運送事業、利用運送事業許可を受けた運送会社です。

大阪運送事業合同会社の仕組みは、「合同会社に利益をもたらすのは、運送業務に携わる社員だから、運送業務に携わる社員の収入の方が多いことが当然」という考えに沿って作られています。

税務署の法人部門担当官との相談で、庸車としています。合同会社の仕事を社員所有トラックで運送する。合同会社は雇用契約ではなく、加入契約よって社員(出資者)となります。売上の1割~2割を運営費として会社に納めてもらい、後は、社員の所得となります。この仕組みにより、社員は労働者ではなくなります。そして、合同会社の規則、指示に従って運送業務を行ってることにより、合同会社の構成員であることを明らかにしています。この2点が大阪運送事業合同会社の重要ポイントです。

大阪運送事業合同会社は、特定の誰かの会社ではありませんから、会社の維持、発展に必要な費用だけが、会社の収入ですし、会社の維持、発展のために必要な運営費ですから、この運営費が不足すれば、大阪運送事業合同会社は、倒産してしまいます。ですから、大阪運送事業合同会社は、自分たちの会社だということをはっきり自覚してほしいと思います。大阪運送事業合同会社の維持・発展は自分の生活の維持・発展につながることになります。

そして、最近、合同会社は仕事を確保できるようになりました。まだ、トラックの用意は、リース・ローンを組むことは出来ないので、まだ出来ていません。しかし、仕事はありますので、先日から4トン~大型トラック所有の人の加入社員募集を始めています。よろしくお願いします。

大阪運送事業合同会社という会社は、こういう仕組みの会社です。


それでは、多くの方が大阪運送事業合同会社の理念に共感し、仕組みに可能性をみて、加入してくださることを期待して、紹介を終わりとしたいと思います。


スポンサーサイト

運送業で時代を生き抜く大阪運送事業合同会社!

【大阪運送事業合同会社の現状】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


大阪運送事業合同会社は、昨日の記事でも書きましたが、トッラックの用意はまだ出来ませんが、仕事は持っています。

是非、トラックを持っていて、あるいは、合同会社に良い仕事が本当にあるならトラックを購入して合同会社に加入しようかなあ?という方、気軽に電話して下さい。電話すれば加入しなくてはいけない・・・?はまったくありません(笑)

合同会社の再建の原動力となってくれている社員の意見、質問はこのブログで取り上げても、意義のあるものが多いので、書いてみますね。

株式会社にした方がよいのでは?という質問は今までにも多くありました。一番、分かりやすい答えとしては、「それならあなたが株式会社を作って許可を取り、事業をする方が良いのではないですか?」という返答だと思います。

こういう文にするとちょっと嫌みな言い方に聞こえる可能性もありますが、株式会社を作って、許可を取り、事業を継続していける自信がある!という方は合同会社に加入する必要はないと思います。

営業・仕事ができる、その人に出来ないことが、僕に出来るはずがありません。だから、大阪運送事業合同会社を作った、というのが僕の気持ちです。

後、はっきり言う人はいないですが、運送業をしていれば、感覚的に言えば、トラック持込みの請負で、事業が上手くいってる会社が多くありますから、その辺りを見ていれば、合同会社もそんな感じで、という気にもなるのも分かります。

簡単に言うと、どこもそんな感じでやってるのに、そんな理屈ばっかり言ってたら、結局、いつまでたっても駄目なんじゃないですか!ということだと思います。

これは僕は、「理解してます。」が本心です。理屈で物事を考えてる人はお金儲けは出来ないと自覚しています。

しかし、僕にはそういう器用なことは出来ません。だから、大阪運送事業合同会社を足場として、うるさい頭がいるのは我慢してもらって、その社員にはどんどん儲けてもらう!それが、大阪運送事業合同会社を維持でき、発展させることになると思っています。

運送業をする上において、事故を起こさない、規則があるなら問題があると思っても規則が変わるまでは守る、それが僕の仕事だと思ってます。

経営的なことに口を出すことはありません。運営、管理が僕の仕事だと自覚しています。

社員の収入アップは大阪運送事業合同会社の発展に繋がります。そして、株式会社で充分やっていける自信と資金ができれば、合同会社を卒業!もあってよいと思っています。そういうことは前提として作っています。

僕は、合同会社が長期的にみれば現在から未来へ続く会社だと思って作ってますから、合同会社の方が良いなあ・・・。と思ってくれた社員は、「お金持ち」という状況になっても一緒に頑張ってください</span>

今日、最初の記事です。




運送業で時代を生き抜く大阪運送事業合同会社!

【4トン~大型トラックを持っている人、募集です!】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


今日は、本当の加入社員募集の記事です。

まだ、大阪運送事業合同会社はトラックを用意して、という状態にはなれていませんが、仕事はあります。

4トン以上~大型トラックを持つ人で、良い仕事がしたい!と仕事を探している人は連絡をください。

トラックを持っている人にとっては、大きなメリットがある大阪運送事業合同会社です!

よろしくお願いします。


運送業で時代を生き抜く大阪運送事業合同会社!

【自動運転車の未来】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


世界の経済を動かしている企業は、IT企業です。

IT企業にとっては、自動運転車の技術開発は大きな収益源となります。しかし、携帯各社やIT企業が言うようにはいかないと思います。

現実問題としては、道路を走る車より、ドローンのようなものになると思います。何故、自動運転車なのかは現実の企業の力関係があると思います。
大阪運送事業合同会社は外国人労働者への対応は、その時の法律の内容によりますが、大丈夫だと思っています。


そして、ドローンのようなものやロボットによる配送の方が現実的だと思いますが、これに対しての対応は資金次第だと考えます。

ロボットなどによる配送となると、資金を豊富に持つ企業が自分で行う可能性の方が高いと考えるのが妥当だと考えます。

そうなると運送業者の未来は暗いですね。

しかし、個人事業者、一般人を利用してという企業サイドの考え方の基本はそちらの方が当然安くてすむからです。

どういう形になるにしろ、そう単純には行かないと思います。その分岐点にたったとき、どう対応するかで未来が決まりそうです。

私の仕事は、合同会社で運送会社をつくり、運送業をしたい人のための基盤は作ったつもりですが、協同組合のような合同会社は、今の社会では機能するために時間がかかります。

そして、大阪運送事業合同会社の再建、発展に力を注ぎながら、次の私の仕事は運送業界の分岐点の時期にあると思っています。

目先の儲けに捉われて、都合よく利用されていると、ちょっと喜ばせてもらって、そのうち会社は自己破産ということになりそうです。

ヤマトが逃げ出したところに入り込んで、これから飛躍できると考えることには、長期的には問題がありそうです。

今日は、大阪運送事業合同会社はこんなに良い会社ですよ!という紹介からは少し外れてしまいましたが、運送業界の未来を踏まえて、再建、発展していく大阪運送事業合同会社の紹介でした

今日、最初の記事です。





運送業で時代を生き抜く大阪運送事業合同会社!

【社員募集!】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


「大阪運送事業合同会社のこれから」は社員募集の記事ですし、加入希望者に読んでもらって入りたい!と思ってもらう記事です。

ところがこれが難しい!初めに気合を入れないとすぐに違う記事になってしまうのです。

ということで、大阪運送事業合同会社の魅力を書いてみたいと思います。

仕事・営業が得意な人は、大阪運送事業合同会社に加入すれば、雇われ運転手ではなく、許可を持つ自営業者のように仕事ができ、収入も得ることができるので、価値があると思ってもらえると思います。
ただ、自営業者が会社に入り込んでる、では絶対にないないのではないので勘違いはしないでくださいね。

しかし、運送業界が長い人にとっては、「名義貸しじゃない!」と言ってるけど、そうだとしても仕組みとしてはよく似てるなあ・・・?となると思います。

運営費の話を読まれれば、「名義借り」をした方が得やな・・・。となるかもしれません。

大阪運送事業合同会社は、「名義貸し」でもなんでも関係ない!安く営業ナンバーが付けられれば俺はそれでいいんだ!という人にとっては、魅力がない会社のようです。

しかし、自分は働ける間はずっと運送業をして、生計をたてたい!と思ってる人には魅力的な会社になると思います。

運転手でも良いけど、仕事がきつすぎて体をこわすのは困るし、この給料と将来の年金などで、老後の生活ができるのかなあ・・・?と不安を持つ人にも将来の希望が持てる会社だと思います。

大阪運送事業合同会社は、皆で成り立ってる会社ですから、経営者としての感覚も必要です。この感覚がなくて、会社に雇われてるだけの考えでは、運営費というより、「プレート貸し代」という感じになります。

運営費は、会社の維持、運営、発展のための金額を考えて決めています。ただ、先例がないので、皆で相談しながら必要があれば、増額されるでしょうし、不必要なら減額ということになると思います。

大阪運送事業合同会社の発展は、社員の収入の増加と密接に結びついています。このことが理解できる社員が加入してきたことによって、合同会社は大きく動き出しています。

最後に「名義貸し」との違いを明確にしておきます。大阪運送事業合同会社の仕事を、合同会社の社員(株主でもある)が仕事をしてるわけですが、「名義貸し」会社は請負社員、この請負社員は自分の会社の従業員ではないので、「名義貸し」になります。

「名義貸し」というのは、許可を持っている運送会社が、運送業をする資格がない外部の人間に仕事をしてもらうことです。許可をもっている運送会社に仕事を回すのは、利用運送ですから、契約さえ結んでいれば問題ありません。

最後がちょっと理屈になって残念ですが、今日は、ここまでとします。

大阪運送事業合同会社は、合同会社の理想に共感し、共に働きたいと思ってくれる人の加入を待っています



プロフィール

行政書士本広

Author:行政書士本広
行政書士が作った合同会社によって、日本で初めてトラック1台で加入して、社員(従業員ではありません)になれば、名貸しではなく、営業ナンバーを付けて運送業が出来る大阪運送事業合同会社を作ることが出来ました!
運送業でこれからの時代を生き抜くために作った大阪運送事業合同会社!です。
このブログで、大阪運送事業合同会社の特徴の説明、社員募集をしています。そして、大阪運送事業合同会社が一番嫌いなのが、「名義貸し」です。
そういうことも含めて詳しいことをブログで書いていきます。
大阪運送事業合同会社のことで、質問のある方は、気楽に連絡してください。
(TEL)072-923-0460
(メールは)kqkr05340@ares.eonet.ne.jp

FC2カウンター
ノーマルカレンダー
<< 06
2017
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR