FC2ブログ

大阪運送事業合同会社紹介!

【大阪運送事業合同会社を訪問された方への会社紹介】
(会社紹介は常に一番に表示しています)

ブログ記事は、次の記事が更新の一番新しい記事となります。

大阪運送事業合同会社は、平成22年8月に一般貨物自動車運送事業、利用運送事業許可を受けた運送会社です。

大阪運送事業合同会社の仕組みは、「合同会社に利益をもたらすのは、運送業務に携わる社員だから、運送業務に携わる社員の収入の方が運営に携わる者より多いことが当然」という考えに基づいて作られています。

税務署の法人部門担当官との相談で、庸車としています。合同会社の仕事を社員所有トラックで運送する。合同会社は雇用契約ではありません。加入契約よって社員(出資者)となります。売上の1割~2割を運営費として会社に納めてもらい、後は、社員の所得となります。この仕組みにより、合同会社の社員は労働者ではなくなります。そして、合同会社の規則、指示に従って運送業務を行ってることにより、合同会社の構成員であることを明らかにしています。この2点が大阪運送事業合同会社の重要ポイントです。

大阪運送事業合同会社は、社員の力により維持、発展できる会社です。会社は本廣が作りましたが、維持、発展できるかどうかは社員しだいです。

しかし、今の社会に生きてきて、「皆で作っていく」というのは、分りにくいことです。「誰かに雇われる」と「誰かを雇う」という経験を単純に足して出来ることではありません。

大阪運送事業合同会社は、「トラックを持ち、仕事を持つ」人の加入が基本です。そして、どうにかですが、トラックのリース・ローンを組むことが出きるようになりました。

そして、大阪運送事業合同会社の失敗として、「トラックを持ち、仕事を持つ人」がほとんどいなくなったことがあります。しかし、私の考えでは普通の運送会社に変えることは出来ません。

これから約3年がポイントだと思っています。合同会社の実力のある社員は雇用運転手より、良い所得が得られています。しかし、運送業はきつい仕事ですから、運営側と実働側には、現状は、意識に差が出来るようです。この点の改善がこれからの課題であり、この約3年の間に社員が支え、発展させている会社になるかどうかが重要だと考えています。

大阪運送事業合同会社の社員は一人一人が運営者です。

大阪運送事業合同会社という会社は、こういう仕組みの会社です!


それでは、多くの方が大阪運送事業合同会社の目標に共感し、仕組みに可能性をみて、加入してくださることを期待して、紹介を終わりとしたいと思います。


スポンサーサイト



社員の皆さんへ。

【社員の皆さんへ。】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


新型コロナの感染は、緊急事態宣言は余程のことがないかぎりなさそうですが、感染者は増加の一途です。

国の方針というほどのものはないようですが、現状は経済優先のようです。

冬には、インフルエンザ、風邪などもはやりますし、新型コロナの感染者数は今をはるかに超えているでしょうから、緊急事態宣言は出ると思っていてください。

感染の最前線での仕事ですから、体調には注意してください。売り上げは下がるでしょうから、体調が悪くてもゆっくり休むわけにはいかないでしょうが、健康が一番大事なのは間違いありません。

体調に気を付けながら、節約に努め、流れが変わるときまで耐えられるように仕事をしてください。

僕は、良い状況がくるようにお金は使わずに、先のことを考えて準備していきます




新しい時代と運送業!

【新しい時代と運送業!】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


今回の新型コロナの件(まだ終わっていませんが)で、物事の見方がけっこう変わりました。

4年くらい前から、運送業は滅びゆく業種のように扱われ、言われていた通りでしたら、今頃は高速道路を連結トレーラーによる自動運転車が実用化の一歩を踏み出しているころです。

良いこととばかりは言えませんが、運送業は休むこともできず、通常通りに動くことができていました。

僕は5レベルの自動運転車が実用化されれば、合同会社にとっては良いことだと思っていましたが、それまでのことが心配でした。

そういうことも考えて、合同会社の利点を守ることを前提として、大手とは言えないのかもしれませんが、上場企業の中堅とはつながりを強めていました。

お互いにメリットがありますから、この提携は上手くいけば、両者が大きく成長できるものです。

運送業についている人のなかには、合同会社の可能性をどこに見るかに気付いていない人がいます。トラックで自営業者であることの可能性をお金を儲けることに敏感な人は気づきます。

合同会社にいて、法人を作れば、その時点で、普通の運送会社と同じ立場になります。合同会社と手をつないでおきたいと思う中堅大手の考えに添えば、その時点で価値のない会社となります。

僕は今、新型コロナのこともあり、行政書士本来の仕事で遅れているものがありますが、忙しくて、疲れていても、自営業者の集まりとして正当に唯一の運送会社として認められた合同会社を守ろうと思っています。

同時に何の保護もない自営業者を、利益の面で補償することもなく、普通の運送会社の従業員として扱おうとすることにも反対しています。


自営業者が労働者と同じ保護を求め、保護する法律、規則が作られれば、考えても良い話になると思いますが、自営業者は保護を求めていません!

今回の新型コロナで明暗がはっきりしましたが、多くの自営業者は資金も少ないので、感染防止のために休業しなさい、と言われて休業すると、多くの自営業者がすぐにつぶれてしまいました。

しかし、資本家になれなかった、と思う自営業者ばかりではありませんから、仕方ない、とあっさり身を引く自営業者が多かったと感じています。

企業は、感染防止のために、交代で出勤しているので、普段のようにできないので、ご迷惑をお掛けします、と公に発表しましたが、役所はどうだったのでしょうか?

交代勤務になっていたので、仕事が遅れていたと思うのですが、企業のように明確に公表していません。

給付金の遅れなどもそこに原因はなかったのでしょうか?

新しい時代の運送業は、合同会社が良いと思います。「名義貸し、名義借り」も必要ありませんし、会社の経営者が収入の多くを取ることもありません。

稼ぐものが多くの収入を得て、稼がないが、必要な人には、妥当な給料が払われる運送会社が新時代の運送会社だと思います!




大阪運送事業合同会社の可能性!

【大阪運送事業合同会社の可能性!】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


これからの社会の変化を考えると、大阪運送事業合同会社が運送業だけであっても、加入すれば、普通の生活が出来る、というだけでも合同会社に可能性はあると思っています

皆が知っている大手の運転手になって、格差が開いてもそこそこの生活が出来るなら、それも良いと思います。

しかし、現状だけ見ても、運転手は必要なのに、運送会社は経費が多くかかるので、運転手の給料に反映していません。


今の社会は、そこが僕にもよくわからないところですが、事故を起こさないためにと労働者を守るためにという理由で運送会社に経費の負担が掛かっているのですが、それなら労働者が生活が良くならなくてはいけないのですが、そうはなっていません。

今でも、担当役所や大手企業のなかには、会社は大変だけど、労働者はよくなっているはずだ!という人がいます。

しかし、過去から現在まで、会社や国の状態が悪くなって、その会社の従業員、また、その国の国民の生活が良くなった例はありません。

僕も原付の免許しか持っていませんし、運送業につきたいとは思わない人ですが、他にやりたいことがなく、生活のために何でも頑張る!と思う人には考える価値のある会社です。

将来的には、取り入れられるかどうか分かりませんが、運送業以外の業務も行う会社になった方が良いのではという思いはあります





大阪運送事業合同会社を大事にしたいです!

【大阪運送事業合同会社を大事にしたいです!】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


自営業者の集まりで日本で唯一認められた、「大阪運送事業合同会社」を大切にしたいと思っています。

加入している社員もそうだと思いますが、違法はダメですが、好きなことで生活したい、と思います。

僕は、運送会社を作りましたが、運送業につきたいわけではありません。しかし、自分で考えて、良いと思うものを作り出すのは楽しいものです。

企業組合も、その他も作れる内容は決まっています。現状、自由なのは合同会社だけです。

しかし、社会は資本主義社会で、法律もそれを基準にして出来ています。そして、法人と言えば、株式会社です。


アマゾンなども今では合同会社になっていますが、基本は株式会社の仕組みをもとに法律は作られているので、そこから飛び出すときは覚悟が必要です

それでも、安く作れる株式会社としての合同会社ではなく、民主主義的、合同会社で起業家が登場してきてくれるのを楽しみに待っています


プロフィール

行政書士本広

Author:行政書士本広
行政書士が作った合同会社によって、日本で初めてトラック1台で加入して、社員(従業員ではありません)になれば、名貸しではなく、営業ナンバーを付けて運送業が出来る大阪運送事業合同会社を作ることが出来ました!
運送業でこれからの時代を生き抜くために作った大阪運送事業合同会社!です。
このブログで、大阪運送事業合同会社の特徴の説明、社員募集をしています。そして、大阪運送事業合同会社が一番嫌いなのが、「名義貸し」です。
そういうことも含めて詳しいことをブログで書いていきます。
大阪運送事業合同会社のことで、質問のある方は、気楽に連絡してください。
(TEL)072-923-0460
(メールは)kqkr05340@ares.eonet.ne.jp

FC2カウンター
ノーマルカレンダー
<< 08
2020
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR