fc2ブログ

大阪運送事業合同会社紹介!

【大阪運送事業合同会社を訪問された方への会社紹介】
(会社紹介は常に一番に表示しています)

ブログ記事は、次の記事が更新の一番新しい記事となります。

大阪運送事業合同会社は、平成22年8月に一般貨物自動車運送事業、利用運送事業許可を受けた運送会社です。

大阪運送事業合同会社の仕組みは、「合同会社に利益をもたらすのは、運送業務に携わる社員だから、運送業務に携わる社員の収入の方が運営に携わる者より多いことが当然」という考えに基づいて作られています。

税務署の法人部門担当官との相談で、庸車としています。合同会社の仕事を社員所有トラックで運送する。合同会社は雇用契約ではありません。加入契約よって社員(出資者)となります。売上の1割~2割を運営費として会社に納めてもらい、後は、社員の所得となります。この仕組みにより、合同会社の社員は労働者ではなくなります。そして、合同会社の規則、指示に従って運送業務を行ってることにより、合同会社の構成員であることを明らかにしています。この2点が大阪運送事業合同会社の重要ポイントです。

大阪運送事業合同会社は、社員の力により維持、発展できる会社です。会社は本廣が作りましたが、維持、発展できるかどうかは社員しだいです。

しかし、今の社会に生きてきて、「皆で作っていく」というのは、分りにくいことです。「誰かに雇われる」と「誰かを雇う」という経験を単純に足して出来ることではありません。

大阪運送事業合同会社は、「トラックを持ち、仕事を持つ」人の加入が基本です。そして、どうにかですが、トラックのリース・ローンを組むことが出きるようになりました。

そして、大阪運送事業合同会社の失敗として、「トラックを持ち、仕事を持つ人」がほとんどいなくなったことがあります。しかし、私の考えでは普通の運送会社に変えることは出来ません。

これから約3年がポイントだと思っています。合同会社の実力のある社員は雇用運転手より、良い所得が得られています。しかし、運送業はきつい仕事ですから、運営側と実働側には、現状は、意識に差が出来るようです。この点の改善がこれからの課題であり、この約3年の間に社員が支え、発展させている会社になるかどうかが重要だと考えています。

大阪運送事業合同会社の社員は一人一人が運営者です。

大阪運送事業合同会社という会社は、こういう仕組みの会社です!


それでは、多くの方が大阪運送事業合同会社の目標に共感し、仕組みに可能性をみて、加入してくださることを期待して、紹介を終わりとしたいと思います。


スポンサーサイト



頑張る時代!

【頑張る時代!】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


運送業を仕事にしたいという人のために大阪運送を作りましたが、11年たち許可を取って運送会社を作って頑張るという状況ではなくなりました。

大阪運送も今のままでは生き残れないと思います。自営業者という一人でも頑張る人を集めたのは間違いではありませんでしたが、皆で力を合わせるということが仕組みに含まれていませんでした。

最近は、借りた金も返さなくてもよいのでは、というような言葉が多くなっていますが、今、お金を持っている人、権力をもっている人たちの自分たちを守ろうとする動きは、思っていたより早く、時代にもあっていたようで協力に進んでいます。

多くの人は本当に追い込まれれない限り暴力的反抗はしないですし、そういうところまで追い込まれて反抗してもひどい目にあわされるだけです。

僕は、自由と民主的を大事に思う人間ですし、法律に反することはしない人間です。そこは理解して僕の言葉を聞いてほしいと思います。


現状では、僕の行うことは小さなことでしかないので、ほとんどの人に知られることはないと思いますが、借りたお金は返すものだと思っている僕が返さなくても良い時代がきたのでは、いうときは裏を読んでほしいと思います。

そして、僕が言う借りたお金は返さなくてはよいのでは、という言葉は、個人的に知り合いから借りたお金などは含まれていません。僕がいうお金は事業上の資金のことだけです。

はっきり言って今の世間で言えば悪い奴になると思いますが、勝手に車、仕事を決めてきて、努力が出来る人たちではないので、途中で会社と僕にすべてを押し付けて逃げた人たちを責めることなく、そういう連中の話に乗って、決算書も見ずにリース。ローンを通す方と戦うのは、力のない人をこれ以上責めても仕方がないとおもっていることと、決算書も見ずに、そして、自営業者の集まりであることをしっているのに、法人と連帯保証人に全責任を負わせてくる相手と戦うのは、大阪運送のこれからに根本的関連を持っているからです。

AI,デジタルで戦う力は持っていないですし、お金でそういう知識、仕組みを買い取るお金もありませんから、まずは、運送業で、行政書士で、そして、何かで頑張っていきます

みなさんも頑張ってください



消えはしないが人がお金を稼げる業界ではなくなる。

【消えはしないが人がお金を稼げる業界ではなくなる。】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


消えはしないが、人がお金を稼げる業界ではなくなるものは多いと思います。

稼げる業界にしても、そこで給料をもらっている人はお金持ちにはなれないようです。

時代は過渡期ですが、お金持ちになれないものがいがみ合うことはないと思っています。

ほとん後の人が同じだと思いますが、生活できる収入はほしいと思います。大金持ちになりたいと思う人はそれほどいないと思います。

しかし、不思議なものでお金は集まるところに集まり、ほとんどの人のところには集まらないようです。

日本だけではなく世界でも同じことが起こっているようですが、格差は広がるようにできています。

どんな社会も頭で考えた究極の状態にはなりません。それは、過渡期である資本主義においても音字だと思います。

しかし、もう社会の流れを変えることは出来ないようですが、一つ、二つと違うことを示すことは出来るのではないかと思っています。

僕のあの世にいくまでの十数年、このささやかなことをさせてもらいたいだけです。僕が判断ミスで借金を作ることはもうないと思いますが、あってもしれたものです。

新しい時代ではこうなるのでは、ということに間違いがないとは言えませんが、新しい時代に適合することの方が多いとおもっています。

反対に現状のお金の問題の方が、おかしな問題となっていると確信しています

新事業と新しい社会はお互いに必要なものです。

僕は、のんびりの毎日でよいと思いますし、新しい金儲けに必死になる必要もないと思っています。


運送業はやめた方が良い!

【運送業はやめた方が良い!】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


どの業種も息苦しくなってきています。

その中でも運送業はいまから許可を取ってやり始める仕事としては選ばない方がよい仕事です。

車が好きだから運送業が良い、といような好きだからという理由が通用しない時代になってきています。

子供が好きだからが通用しなくなって久しい教師の世界は早かったですが、車が好きだからも通用しない世の中になってきました。

格闘技も空手が好きだから、ボクシングが一番強くなれると思うから、が適切ではなくなってきている格闘技界です。

強いだけでは生活できない、結婚もできない世の中ですし、特に強さにあこがれる人は目立ちたい人が多いですから、お金は重大要素です。

複雑な社会になり面倒ですね




大阪運送で3年が目途になると思います。

【大阪運送で3年が目途になると思います。】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


社会の現状から考えると、大阪運送で3年が独立の目途になると思います。

運賃は安いですし、燃料は高い、という現状を考えると大阪運送のなかにいる間に株式会社を作り、運転手を雇用し、3年たったころが才能のある人の独立の目安にんると思います。

大阪運送は、運送業をしている間は大阪運送にずっといる、ということも構いませんが、独立はしないが儲けたいという社員も必要な感じがします。

3年というのは、現状と将来を考えると才能のある人の場合となりそうです。

外に出ても大丈夫な法人が大阪運送のなかにいる間に作れれば、外に出ても発展することができる可能性があると思います。

頑張ってくれる社員が出てきてくれることを、加入社員にそういう人がいることを期待します








プロフィール

行政書士本広

Author:行政書士本広
行政書士が作った合同会社によって、日本で初めてトラック1台で加入して、社員(従業員ではありません)になれば、名貸しではなく、営業ナンバーを付けて運送業が出来る大阪運送事業合同会社を作ることが出来ました!
運送業でこれからの時代を生き抜くために作った大阪運送事業合同会社!です。
このブログで、大阪運送事業合同会社の特徴の説明、社員募集をしています。そして、大阪運送事業合同会社が一番嫌いなのが、「名義貸し」です。
そういうことも含めて詳しいことをブログで書いていきます。
大阪運送事業合同会社のことで、質問のある方は、気楽に連絡してください。
(TEL)072-923-0460
(メールは)kqkr05340@ares.eonet.ne.jp

FC2カウンター
ノーマルカレンダー
<< 07
2022
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR