運送業で時代を生き抜く大阪運送事業合同会社!

【大阪運送事業合同会社を訪問された方への会社紹介】
(会社紹介は常に一番に表示しています)

ブログ記事は、次の記事が更新の一番新しい記事となります。

大阪運送事業合同会社は、平成22年8月に一般貨物自動車運送事業、利用運送事業許可を受けた運送会社です。

大阪運送事業合同会社の仕組みは、「合同会社に利益をもたらすのは、運送業務に携わる社員だから、運送業務に携わる社員の収入の方が多いことが当然」という考えに基づいて作られています。

税務署の法人部門担当官との相談で、庸車としています。合同会社の仕事を社員所有トラックで運送する。合同会社は雇用契約ではなく、加入契約よって社員(出資者)となります。売上の1割~2割を運営費として会社に納めてもらい、後は、社員の所得となります。この仕組みにより、社員は労働者ではなくなります。そして、合同会社の規則、指示に従って運送業務を行ってることにより、合同会社の構成員であることを明らかにしています。この2点が大阪運送事業合同会社の重要ポイントです。

大阪運送事業合同会社は、特定の誰かの会社ではありませんから、会社の維持、発展に必要な費用だけが、会社の収入です。そして、会社の維持、発展のために必要な運営費ですから、この運営費が不足すれば、大阪運送事業合同会社は、倒産してしまいます。ですから、大阪運送事業合同会社は、自分たちの会社だということをしっかり自覚して大阪運送事業合同会社に加入してもらいたいと思います。大阪運送事業合同会社の維持・発展は自分の生活の維持・発展につながることになります。

大阪運送事業合同会社は、「トラックを持ち、仕事を持つ」人の加入が基本です。しかし、現状を踏まえて、仕事を確保することにもしっかり取り組んでいます。そして、トラックの用意も出来るようになりました。リース・ローンを組むことが出きるようになりました。

しかし、リース・ローンも枠がありますから、次から次にいれることは出来ません。そして、リースでいれる車は新しい車ですから、経済的負担も大きいです。そのため、短期リース・ローンによって中古車をいれることも予定しています。

そして、大阪運送事業合同会社としては、4トン中心で事業計画を組んでいく予定です。大型車は値段も高いですし、車庫の問題も起こってきます。

大型で加入したい人を拒否することはありません。しかし、少し待ってもらうことはありそうです。遅い歩みですが、頑張っていきますので、これからもよろしくお願いします

大阪運送事業合同会社という会社は、こういう仕組みの会社です。


それでは、多くの方が大阪運送事業合同会社の目標に共感し、仕組みに可能性をみて、加入してくださることを期待して、紹介を終わりとしたいと思います。


スポンサーサイト

時代を生き抜く大阪運送事業合同会社!

【合同会社か株式会社か?!】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


小次郎との散歩に木曜に行ってきました前回は日があいたので、次の日曜も散歩しようと思っています。

小次郎は、5歳くらいですが、あまり遊んでもらえてなかったので、ボール遊びも子犬のようによく遊びます。

前回、僕の手にはまだ落としてくれませんが、取って来たボールをすぐそばに落として、くっついてくる、かわいい奴です(笑)

そして、合同会社の話です。

うちのエース社員と合同会社に加入できる社員の問題を話していて、やはり株式会社でないと、運転手に来てもらうのは難しいのでは、という話になりました。

それは、現実にある問題なのですが、燃料代など経費がかかりすぎて、合同会社に加入できる社員がいないのでは、という話になりました。

しかし、それであるなら普通の運送会社の方が重い経費負担で事業継続が難しいのです。

燃料代の高騰などによる負担増はどこも一緒で、体制が整えば、経費の削減は可能だと思います。

うちのエース社員の長所はこれは一運転手としては、特別の才能と言って間違いないのですが、自分の仕事での経費削減、生活費の節約ができないという致命的短所があります。つまり、自覚がない?出来ないようです。

その自分の視点から、同時に自分の現状からものをみてるので、そういう結論になるのですが、今の自分のままで株式会社で運送会社にチャレンジしてみてれば、よく見えてくると思います。自分の短所の自覚は人にいわれても出来ないものです。そして、それは誰にも言えることだと思います。

もう合同会社はそのチャレンジに巻き込まれるわけにはいきませんが、その点をしっかり自覚してもらわないと合同会社のエンジンになってもらうことも出来ないと思います。

大阪運送事業合同会社は、もう8年間言い続けていることになりますが、これからの会社です(笑)





時代を生き抜く大阪運送事業合同会社!

【合同会社の分かれ道!?】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


大阪運送事業合同会社は協同組合とよく似ています。

協同組合も合同会社も構成員が力を合わせて運営できるかどうかがポイントです。

同時に資金がない人が集まって作ったものですから、人数も大切な要素です。

大阪運送事業合同会社も、今、その人数の問題と取り組んでるところです。

資金がない人が集まって作っているので、人数が多くならないと資金が少なくてやりたいことも、やらなくてはいけないことも出来ない状況に陥ります。

しかし、運送業界の現状から人数を増やすにも、いろいろやらなくてはいけないようです。

「トラックを持ち、仕事を持つ予定の人」が多くいれば、いろいろやらなくてもよいのかもしれませんが、そういう人が少ない以上方法の変更が必要です。

運送業界に入り込むようになるのは、知らない世界に入り込むことになるので、ミスも多くなります。

この経験を活かせることを望んでいます。

活かせることができれば、加入してきた社員にも希望が持てる運送会社になっていると思います



時代を生き抜く!

【僕が資金提供者になる不手際!?】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


資金を持っていない僕が、資金提供的なことを行ったのが、現在の「乗り切れそう問題」の発端です。

大阪運送事業合同会社の仕組みの原則に大きな勘違いがあれば、上手くいかなくてあたりまえです。

法的な問題のことではありません。

運送業界には、こういう人達がいて、こういう人達に社員になってもらえば、大阪運送事業合同会社も発展でき、こういう人達にも大きなメリットがある、という認識です。

しかし、まだ、結論を出す時期ではありません。

準備が不十分でも資金提供的なことが必要な時もあると思います。

資金提供的なことを行った、という問題も、当たり前のことをちゃんとしていれば、状況も変わっていたと思います。

乗り切れるかどうか、もう少しで結論がでます!

今の問題を乗り切る経験をこれから活かしていきたいと思っています。

乗り切れることを期待して待っていてください



時代を生き抜く大阪運送事業合同会社!

【大阪運送事業合同会社、もう一息かどうなのか?】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


けっこう雨が降ったので、小次郎散歩は明日になりそうです。

合同会社、乗り切りました!と幾度書いたことか

まだ、完全に乗り切った!とは言えない状況ですが、どうにかなりそうな感じです。

そして、最近、合同会社を利用しての運送会社が徐々に増えて来てますが、大阪運送事業合同会社と他の合同会社はまったく異なります。

運送業の許可を取りにくくなったが、合同会社だったら、とは残念ながらいきません。

企業組合のこと、個人償却のこと、請負のこと、を批判的に書いていますが、これからはちゃんとした会社しか生き残れないと考えてるからです。

合同会社も一緒ですが、ちゃんとしたいけど資金がないので、という中小零細が力を合わせて日本運送(物流の方が良いですか?)LLCとして、頑張っていけるために、というのも大阪運送事業合同会社を作った理由の一つです。

プロフィール

行政書士本広

Author:行政書士本広
行政書士が作った合同会社によって、日本で初めてトラック1台で加入して、社員(従業員ではありません)になれば、名貸しではなく、営業ナンバーを付けて運送業が出来る大阪運送事業合同会社を作ることが出来ました!
運送業でこれからの時代を生き抜くために作った大阪運送事業合同会社!です。
このブログで、大阪運送事業合同会社の特徴の説明、社員募集をしています。そして、大阪運送事業合同会社が一番嫌いなのが、「名義貸し」です。
そういうことも含めて詳しいことをブログで書いていきます。
大阪運送事業合同会社のことで、質問のある方は、気楽に連絡してください。
(TEL)072-923-0460
(メールは)kqkr05340@ares.eonet.ne.jp

FC2カウンター
ノーマルカレンダー
<< 04
2018
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR