運送業で時代を生き抜く大阪運送事業合同会社!

【ネット検索・広告より大阪運送事業合同会社を訪問された方への会社紹介】
(常に一番に表示しています)

検索で大阪運送事業合同会社のことを知りたい方のために、常に一番に表示されています。
ブログの記事としては、次の記事が更新の一番新しい記事になります。

大阪運送事業合同会社は、平成22年8月に一般貨物自動車運送事業、利用運送事業許可を受けた運送会社です。

大阪運送事業合同会社の特徴は、「直接、合同会社に利益をもたらすのは、運送業務に携わる社員だから、基本的、考えとしては、運送業務に携わる社員の収入の方が多いことが当然」という考えにあります。

担当役所との相談により、庸車としています。合同会社の仕事を社員が自分のトラックで運送する。この仕組みにより、社員は労働者ではなくなります。そして、合同会社の規則、指示に従って運送業務を行ってることにより、合同会社の構成員であることを明らかにしています。この2点が大阪運送事業合同会社の重要ポイントです。

大阪運送事業合同会社は、特定の誰かの会社ではありませんから、会社の維持、発展に必要な費用だけが、会社の収入ですし、会社の維持、発展のために必要な運営費ですから、この運営費が不足すれば、大阪運送事業合同会社は、倒産してしまいます。ですから、大阪運送事業合同会社は、自分たちの会社だということをはっきり自覚してほしいと思います。大阪運送事業合同会社の維持・発展は自分の生活の維持・発展につながることになります。

大阪運送事業合同会社という会社は、そういう仕組みの会社です。


それでは、多くの方が大阪運送事業合同会社の理念に共感し、仕組みに可能性をみて、加入してくださることを期待して、紹介を終わりとしたいと思います。


スポンサーサイト

運送業で時代を生き抜く大阪運送事業合同会社!

【大阪運送事業合同会社のこれから!】③
【大阪府八尾市の行政書士本広】


大阪運送事業合同会社の場合、ちょくちょくあるのですが、合同会社に慣れてしまっての提案、株式会社のような会社の経営の観点からの提案、が出てきます。

今回のETC,ガソリン(軽油)カード、そして、トラックのリースにもあてはまりますね。

普通の運送会社の運転手をしてる人が、こういうことが出来るようにしようと思っています。と言われても、俺らに何か関係あるの?となってしまうことに気付きませんでした。

しかし、これらの事が出来るようになると、合同会社の加入しにくい!という壁がかなり低くなります。

今回の社員からの提案は、合同会社にな慣れている人からの自分たちに取ってとても便利だ!という視点からの提案なのですが、普通の運送会社にいる人からみれば、俺らに関係ないのと違う?!という感想になってしまいます。

大阪運送事業合同会社は、株式会社では、生き残れない、生き抜けない。生き抜くには、協同(民主的)組合的な組織で、普通の運送会社と競争できる会社でないとダメだ!という基本的考えがあります。

協同組合と言っても、企業組合のような協同組合は昔から、運送業の許可が取れましたから、大阪運送事業合同会社の仕組みとは全く異なります。企業組合では、給料の支払いが必要です。そして、労働者性が組合員の性質から明確ですから、社会保険、労働保険も株式会社と同じです。

普通に思いうかべる協同組合では、事業を行うにはいろいろ問題があります。しかし、根本の考え方はこれが一番近いと思います。仕組みとしては、中小企業協同組合法で定められている事業協同組合が同じなのですが、事業協同組合がどういう条件で、運送業の許可を受けたのかは分かりませんから、僕が言えることは、事業協同組合と同じ仕組みの合同会社にして、大阪運送事業合同会社は許可を受けたので、同じだったのだろう!?としか言えません。

加入希望者にお願いしたいこととして、協同組合の組合員になった気持ちで話を読んでもらえることと、何でこれが、メリットになるのか?と思われた方は、気楽に電話して来てください、の2点です。

大阪運送事業合同会社の社員は、雇用契約ではなく、加入契約によって入ってきて、労働者性がないこと。売上の取り分が社員と会社では、社員の方が断然多いこと。

大阪運送事業合同会社に加入出来る人は、基本的には、自己所有トラックを持ち、荷主も持つ予定の人しか入れない人、ということなどを頭において、読んでもらえると、分かりやすくなると思います。

今日、最初の記事です


運送業で時代を生き抜く大阪運送事業合同会社!

【大阪運送事業合同会社のこれから!】②
【大阪府八尾市の行政書士本広】


今日確認して、ETC、ガソリン(軽油)カードの用意はできることははっきりしました。

しかし、一番の問題は、リースです。

今までのパターンで考えると、仕事が取れる人、他の人に回せる人は、半年ちょっとで、増車したい状況になってましたが、今までの合同会社でしたら、車を購入しなくてはいけなかったので、増車できないという状況になってました。

この報告も来週には、出来ると思います。

そして、加入希望者にお願いしたいのが、余裕をもって、加入希望の連絡をしてください、ということです

まだ、何をするにしても、現状、してないことばかりですから、その方の都合で、例えば、4月の上旬には加入したい!となれば、無理だと思います。

1度行えば、要領も分かりますし、リース会社、カード会社との繋がりもできてるので、迅速に行えると思いますが、今は、余裕をもって加入の準備をしてください。

そして、こういう具体的なことは、運送業をされてる人でしたら、僕よりよく知っておられると思いますが、合同会社に入られる方へのお願いとして、「これから社会はどうなるのか?!」というような記事も読んでくださることをお願いします。

現状でも、大阪運送事業合同会社の仕組みの重要さを完全に分かっておられる方はいません。しかし、この仕組みは、これから価値があるのじゃないか?!と思った方が加入してくれています。

そして、色々、良い案を提案してくださるのですが、それでは、違法になる!ということが多くあります。そんなに何でも都合良くできる仕組みはありません。

僕と同じ考えでないと加入出来ないということはありません。しかし、僕がお金を儲ける才能がないことを率直に認めているのと同じように、仕組みについては、必ず説明しますので、出来ないことは、これをやればもっと儲かるのにということがあっても、了解をお願いします


今日、最初の記事です




運送業で時代を生き抜く大阪運送事業合同会社!

【大阪運送事業合同会社のこれから!】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


やっと、具体的(?)な大阪運送事業合同会社のこれからを書くことが出来ます。

今まで、このブログで書いてきた、合同会社の基本は変わりません。

ですから、これからの具体的な案を利用するか、しないかは自由です。

もちろん、運営陣で考えて始めたことに協力しない、利用しないからということで不利益になることはありません。

ただ、運送業で決められてる規則を守らないとかは、守る、守らないという自由は、合同会社だけでなく、どの運送会社も遵守しなくてはいけないことなので、自由はありません。

大阪運送事業合同会社は、その協同組合的仕組みによって、普通の運送会社であれば、普通にしていることが出来ていませんでした。

理由は単純です。短期間に多くの社員が集まれば、出来なくはないのですが、ブログで宣伝してるだけですから、短期間に多くの人が加入することは、難しいのが現状です。

余計なことを書いてると、今日のブログ記事のメインが書けなくなりますから、ポイントを書きだしますね。

そして、それが出来るようになりました、ということはその度にブログで報告していきます。

①一番の欠点であった、車が自己所有でないとダメだ!とか荷主を持ってないとダメ!という点を改善できそうです。
つまり、リースで車を入れる。荷主を紹介するということです。そして、運賃が安い、荷主が無理を要求する、というような仕事は紹介しません。

②合同会社の法人カードとして、ガソリンカード、ETCカードを持ってもらうことを考えています。

③しかし、僕の合同会社作った時の思いに、合同会社の社員であることと管理に従うことで、労働者ではないが、自営業者でもない、というポイントがあります。
給料を払うというシステムは大阪運送事業合同会社がこれからも取ることはない基本事項です。

まだまだ、運営陣に入ってくれる社員が少ないですから、時間は少しかかると思いますが、出来ること、良いことを、これから取り入れていきます

今日、最初の記事です


運送業で時代を生き抜く大阪運送事業合同会社!

【これから社会はどうなっていくのか?】②
【大阪府八尾市の行政書士本広】


株式会社(資本家といった方がいいですね)にとって、国家の存在は邪魔な存在ですが、国家との争いでは、根本的に勝つことは不可能だと思います。

実体経済の基盤がなくなっては、経済成長、資産の増加もありえないからです。現状では、ズレがありますし、経済のことなど知らなくても投資関係で儲けることは可能ですから、そんなもの関係ないよ!という感じがしまが、根本的には不可能です。

しかし、資本家が国家と正面から争うようなことがなくても、格差のひらきをどうにかしなくては、問題は解決しません。

僕は、経済学者、また、政治家でその問題と困難なことを理解しながらもどうにかしようとする人たちは誠実な人々だと思います。

一般人と同じレベルで発言するような経済学者、政治家では、駄目だと思います。

その解決法がなかなか大変だとほとんどの人が感じてるのも事実だと思います。しかし、国政に影響を与えられる人は頑張ってほしいと思います。

国政に影響を与えられる地位にありながら、自分も豊かな人の一員になることしか考えてない人に、負けることなく頑張ってほしいと思います。

何をするにしても、これが絶対というものは、率直に言えばないと思います。しかし、誰かがどうにかしてくれるだろうと思う人よりは、自分で自分のことはどうにかしようとしてる人の方を僕は応援しますし、正しい選択をしてると思います。

いつの時代にも、皆のための反対勢力、皆で豊かになりましょう!と言いながら自分のことしか考えていない人はいました。

しかし、そういう意味では大阪運送事業合同会社の存在も同じだと思われても仕方ありません。こういう時には、本当に自分んで考えて判断するしかありません。

大阪運送事業合同会社を作って、もう約6年半ですが、何か新し試みを始めるたびに、早すぎたかなあ・・・?!と思うことが多かったのが大阪運送事業合同会社の6年半でしたが、現状では、原則は細くても、あきらめず長く頑張ることだと思っています。

しかし、そういう思いが根本にありますが、今にチャレンジすることを止めることはありません。大阪運送事業合同会社がなくなりそうになって、僕は自分がやりたいことでしたし、自分の力が足りずに起きたことですから、頑張り続けることは当たり前のことでした。

しかし、仕事を失い、トラックも手放すことになり、大きな損害を被った社員が数人いたのですが、そういう社員が頑張ってください!とだけ言って去っていったときに、僕に取って、自分だけの大阪運送事業合同会社ではなくなりました。

色々な社員がいました。感謝と責任を感じさせてくれた社員もいますし、正直、あのやろう!という社員もいました。しかし、それがいつの時代でも国家の構成であり、会社だと思います。

大阪運送事業合同会社は、これからの時代を変えていくための、僕なりの手段、方法です。僕はいつも新しい仲間の加入を待っています


今日、最初の記事です


プロフィール

行政書士本広

Author:行政書士本広
行政書士が作った合同会社によって、日本で初めてトラック1台で加入して、社員(従業員ではありません)になれば、名貸しではなく、営業ナンバーを付けて運送業が出来る大阪運送事業合同会社を作ることが出来ました!
運送業でこれからの時代を生き抜くために作った大阪運送事業合同会社!です。
このブログで、大阪運送事業合同会社の特徴の説明、社員募集をしています。そして、大阪運送事業合同会社が一番嫌いなのが、「名義貸し」です。
そういうことも含めて詳しいことをブログで書いていきます。
大阪運送事業合同会社のことで、質問のある方は、気楽に連絡してください。
(TEL)072-923-0460
(メールは)kqkr05340@ares.eonet.ne.jp

FC2カウンター
ノーマルカレンダー
<< 03
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR