FC2ブログ

運送業で時代を生き抜く大阪運送事業合同会社!

【大阪運送事業合同会社を訪問された方への会社紹介】
(会社紹介は常に一番に表示しています)

ブログ記事は、次の記事が更新の一番新しい記事となります。

大阪運送事業合同会社は、平成22年8月に一般貨物自動車運送事業、利用運送事業許可を受けた運送会社です。

大阪運送事業合同会社の仕組みは、「合同会社に利益をもたらすのは、運送業務に携わる社員だから、運送業務に携わる社員の収入の方が運営に携わる者より多いことが当然」という考えに基づいて作られています。

税務署の法人部門担当官との相談で、庸車としています。合同会社の仕事を社員所有トラックで運送する。合同会社は雇用契約ではありません。加入契約よって社員(出資者)となります。売上の1割~2割を運営費として会社に納めてもらい、後は、社員の所得となります。この仕組みにより、合同会社の社員は労働者ではなくなります。そして、合同会社の規則、指示に従って運送業務を行ってることにより、合同会社の構成員であることを明らかにしています。この2点が大阪運送事業合同会社の重要ポイントです。

大阪運送事業合同会社は、特定の誰かの会社ではありませんから、会社の維持、発展に必要な費用だけが、会社の収入です。そして、会社の維持、発展のために必要な運営費ですから、この運営費が不足すれば、大阪運送事業合同会社は、倒産してしまいます。ですから、大阪運送事業合同会社は、自分たちの会社だということをしっかり自覚して大阪運送事業合同会社に加入してもらいたいと思います。大阪運送事業合同会社の維持・発展は自分の生活の維持・発展につながりになります。

しかし、今の社会に生きてきて、「皆で作っていく」というのは、分りにくいようです。「誰かに雇われる、誰かを雇う、という経験を単純に足して」ではありません。そこにこの会社の仕組みでは、こうしなくてはと考える必要が出てきます。これはこれからの大きな課題です。

大阪運送事業合同会社は、「トラックを持ち、仕事を持つ」人の加入が基本です。しかし、現状を踏まえて、仕事を確保することにもしっかり取り組んでいます。そして、トラックの用意も出来るようになりました。リース・ローンを組むことが出きるようになりました。

しかし、リース・ローンも枠がありますから、次から次にいれることは出来ません。そして、リースでいれる車は新しい車ですから、経済的負担も大きいです。そのため、短期リース・ローンによって中古車をいれることも予定しています。

そして、大阪運送事業合同会社としては、4トン・大型を中心に事業計画を組んでいます。大型車は値段も高いですし、車庫の問題も起こってきます。そして、具体的な事業計画は社員の中から出てきてほしいと思っています。

大阪運送事業合同会社の社員は一人一人が運営者です。

大型で加入したい人を拒否することはありません。しかし、少し待ってもらうことはありそうです。遅い歩みですが、頑張っていきますので、これからもよろしくお願いします。

大阪運送事業合同会社という会社は、こういう仕組みの会社です。


それでは、多くの方が大阪運送事業合同会社の目標に共感し、仕組みに可能性をみて、加入してくださることを期待して、紹介を終わりとしたいと思います。


スポンサーサイト

運送業にも外国人がほしい!

【運送業にも外国人がほしい!】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


運送業にも外国人がほしい状況ですが、入管法の改正では、運送業は入っていません。

コンビニは外国人で助かっているので、先日の記事にコンビニも外国人を受け入れられるようにしてほしい!という要望が出ていました。

外国人研修生、留学生のバイトの受け入れは、コンビニ一つとか、運送会社一つでは難しいですから、受け入れる団体を作って、そこに呼ぶということになると思います。

AIの導入は理屈上は人の仕事を奪うと決まってるというわけではないのですが、現実は、人の仕事がなくなっていっています。

これはAIの責任ではなく、AIと人の協力体制を考えていない経営者の責任と言えますが、資金があればAiの導入によって、人を減らす方が経費削減、法律問題を避けることができますから、考えは理解できます。


そして、日本に住む運転免許を持つ外国人の雇用ですが、「母国の運転免許証を持っていれば、試験を一部免除で日本の免許を取得できる「外免切り替え」の制度を悪用した不正取得の摘発が相次いでいる。日本で働く外国人の増加に伴って切り替え数は年々増えており、年間約4万人に及ぶ。その裏で不正をあっせんするブローカーも逮捕される」などしており、警察当局は警戒を強めている。

「日本で働く外国人は今後も増えていくとみられ、法律の周知と徹底に力を入れていきたい」

という現状もあるようですから、簡単には実現できない感じです

3年間くらいは、多分、仕事があり、どの運送会社もやっていけると思いますが、その後は、例えば、長距離はレベル3の大型自動運転車にトレーラーを連結して、運ぶようになると、そこに参入できない運送会社は厳しくなりそうです。

現状は、厳しくなる方向に進んでいますからどうなっても大丈夫という最低限の体制は作っておく必要がありそうです。


AIとこれからの社会!

【AIとこれからの社会!】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


AIなどのテクノロジーは上手に使うことで社会を前に進められると考えられます。難病治療に役立てたり、交通渋滞を解消したり、人類の財産として個人データを生かす余地は大きいと思います。

しかし、現状は、AIが活用されると不必要な人間が出てくるようです。

また、専門家は今、なりすましリスクの高まりを警告しています。人工知能(AI)やメディア処理技術を駆使すれば、ネットに出回る画像、音声のデータから本人そっくりの偽者がしゃべる映像もつくれるためです。

AIは人間を助けるものになれるはずなのですが、現実は不必要な人間を作ることに力を発揮しています。

AIを使って、物事を決定する人が誰なのかの問題だと思います。

僕は現実はそれと反対の方向に向かっているように感じていますが、まだ、現状は不確定だと思います。

国が力を持つか・・・企業が力を持つか?

アマゾン、フェイスブックなどいろいろ問題が指摘されています。現実に感じている人も多いと思いますが、何かに興味を持ってそれを検索したり、購入すると、それに関連した情報が送られてきます。

今、迷惑に思っているのが、ヤフーを開いた時の画面が、もっと良いものに改良します!と報告されてから、何度かみたものと関連する情報がほとんどを占める画面になっていることです。

しかし、企業は「技術的に可能なことはたくさんあっても、どこまで許容されるかはわからない」と手探りです。

起業はお金を儲けるために頑張っているので、そういう傾向は仕方がない、でも良いと思います。

そこには、国という権力、強制力を持った存在があるからです。

AIを新事業にすえる前に社内外で話し合い、利用者への説明を続ける愚直さが大事だと感じます。

企業はリスク問題をごまかし逃げてはダメです。そして企業の姿勢をきちんと評価する個人がいてこそ真に革新的な社会になると思います



運送業と特定行政書士!

【運送業と特定行政書士!】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


私が大阪運送事業合同会社を作って約10年ですが、合同会社を有効活用した事情にふれたことがあります。

株式会社では、運送会社は成り立たない、ということを書いたことがあります。

大阪運送事業合同会社を作っていなければ、特定行政書士になろうという気持ちにはなっていなかったと思います。

大阪運送事業合同会社のように会社の維持がしやすくなる仕組みを作っても、自営業者的な人がいなくなった現状では、しっかりした体制を作るのに時間がかかります。

しかし、規則は存在してるわけですから、それは守る必要があります。

大阪運送事業合同会社を作ってから落ち着けるときはなかったのですが、ここまで継続してきたからには、新しいことを始める前にしっかりした会社にだけはしておきたいと思っています




運送業の改革はどこへ!

【運送業の改革はどこへ!】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


運送業の社会的地位は低い!と思います。

どの業界も人手不足なら、運送業界が労働条件を改善しても、運転手になる人は少なそうです。

そして、今の社会の風潮から考えれば、わずかに入ってくる人は運送業界の大手にいくことになりそうです。

今だけで見ると、運賃を下げさせることは国も入ってきているので、荷主もやりにくい、と思います。

そして、アマゾンをみていて、そして、頻繁に活用している僕から見ると、アマゾンは損をしていないようです。

しかし、アマゾンプライム、定期便というサービスは運賃は無料です。そして、定期便は定期便の品物が多いと格安になります。

どこに負担が言ってるかは、アマゾンで品物を販売している荷主のようです。

アマゾン自体が薄利多売の現状に不安を感じ、いろいろと対策を試行錯誤しているようですから、荷主というかアマゾンで品物を販売している事業主の負担は大きいと思います。

荷主に負担がきますから、荷主は安い方法を取るようになります。

荷主のなかでも、そこそこの企業なら、自動運転車の出現を待っていると思います。アマゾンなどはもっとそうでしょうが、運送会社大手よりはるかに資金を持っていますから、自分のところで自動運転車を持った方が経費削減が出来ます。

運送会社としては、運転手がまだ乗らなくてはいけないとしても、責任がかからない自動運転車が出来るまでは、持つべきではないと思います。

自動運転車は異常に高く、人がいれば、人件費はかかる、法律・規則の規制も多くある、損害保険にも入らなくてはいけないでは、経営は大変です。

今、国土交通省は厳しい規制という方針を取っていますが、ちゃんととした運送会社には助力してくれると考えます。

今、自動運転車、AIも運送業界が積極的にかかわらなくてはいけない時期だと思います。

AIは誰が管理しているかで答えが違ってきます。

全国の運送会社さん!一緒に頑張りましょう



プロフィール

行政書士本広

Author:行政書士本広
行政書士が作った合同会社によって、日本で初めてトラック1台で加入して、社員(従業員ではありません)になれば、名貸しではなく、営業ナンバーを付けて運送業が出来る大阪運送事業合同会社を作ることが出来ました!
運送業でこれからの時代を生き抜くために作った大阪運送事業合同会社!です。
このブログで、大阪運送事業合同会社の特徴の説明、社員募集をしています。そして、大阪運送事業合同会社が一番嫌いなのが、「名義貸し」です。
そういうことも含めて詳しいことをブログで書いていきます。
大阪運送事業合同会社のことで、質問のある方は、気楽に連絡してください。
(TEL)072-923-0460
(メールは)kqkr05340@ares.eonet.ne.jp

FC2カウンター
ノーマルカレンダー
<< 04
2019
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR