FC2ブログ

運送業で時代を生き抜く大阪運送事業合同会社!

【大阪運送事業合同会社を訪問された方への会社紹介】
(会社紹介は常に一番に表示しています)

ブログ記事は、次の記事が更新の一番新しい記事となります。

大阪運送事業合同会社は、平成22年8月に一般貨物自動車運送事業、利用運送事業許可を受けた運送会社です。

大阪運送事業合同会社の仕組みは、「合同会社に利益をもたらすのは、運送業務に携わる社員だから、運送業務に携わる社員の収入の方が運営に携わる者より多いことが当然」という考えに基づいて作られています。

税務署の法人部門担当官との相談で、庸車としています。合同会社の仕事を社員所有トラックで運送する。合同会社は雇用契約ではありません。加入契約よって社員(出資者)となります。売上の1割~2割を運営費として会社に納めてもらい、後は、社員の所得となります。この仕組みにより、合同会社の社員は労働者ではなくなります。そして、合同会社の規則、指示に従って運送業務を行ってることにより、合同会社の構成員であることを明らかにしています。この2点が大阪運送事業合同会社の重要ポイントです。

大阪運送事業合同会社は、特定の誰かの会社ではありませんから、会社の維持、発展に必要な費用だけが、会社の収入です。そして、会社の維持、発展のために必要な運営費ですから、この運営費が不足すれば、大阪運送事業合同会社は、倒産してしまいます。ですから、大阪運送事業合同会社は、自分たちの会社だということをしっかり自覚して大阪運送事業合同会社に加入してもらいたいと思います。大阪運送事業合同会社の維持・発展は自分の生活の維持・発展につながることになります。

大阪運送事業合同会社は、「トラックを持ち、仕事を持つ」人の加入が基本です。しかし、現状を踏まえて、仕事を確保することにもしっかり取り組んでいます。そして、トラックの用意も出来るようになりました。リース・ローンを組むことが出きるようになりました。

しかし、リース・ローンも枠がありますから、次から次にいれることは出来ません。そして、リースでいれる車は新しい車ですから、経済的負担も大きいです。そのため、短期リース・ローンによって中古車をいれることも予定しています。

そして、大阪運送事業合同会社としては、4トン中心で事業計画を組んでいく予定です。大型車は値段も高いですし、車庫の問題も起こってきます。しかし、具体的な事業計画は社員の中から出てきてほしいと思っています。

大阪運送事業合同会社の社員は一人一人が運営者です。

大型で加入したい人を拒否することはありません。しかし、少し待ってもらうことはありそうです。遅い歩みですが、頑張っていきますので、これからもよろしくお願いします。

大阪運送事業合同会社という会社は、こういう仕組みの会社です。


それでは、多くの方が大阪運送事業合同会社の目標に共感し、仕組みに可能性をみて、加入してくださることを期待して、紹介を終わりとしたいと思います。


スポンサーサイト

チャレンジしたい人に!大阪運送事業合同会社のおすすめ。

【チャレンジしたい人に!大阪運送事業合同会社のおすすめ。】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


運送業しかないところが、弱いところですが、将来、社長になりたい人におすすめなのが、大阪運送事業合同会社です。

現状では、事業を始めるとしても準備ができません。

公務員、大企業に就職という生き方も良いでしょうが、自分がトップになりたいという人には、最初は運送業限定になりますが、大阪運送事業合同会社に加入するのは良い方法だと思います。

もともとは、将来、許可をとって独立という人のことも考えて作ったのが大阪運送事業合同会社です。

大阪運送事業合同会社でずっと自営業者的にやっていくのも良いですが、運送会社の社長はもうひとつかもしれませんから、大阪運送事業合同会社で資金を貯めて、自分のしたい事業をするのも良い方法だと思います。

大阪運送事業合同会社を盛り立てて、自分も会社もというのが、僕の希望ですが、雇われるか、雇うか、という社会で生きてきていますから、皆でということが分りにくいところです。

雇われるか、雇うか、と違う状況だと、2つを単純にくっつければ、というわけにはいきません。

しかし、自分のやりたいことがあるなら、大阪運送事業合同会社で準備を整えて、事業を開始するのは良い方法だと僕は、思います


寒い日が続きますが、今日もお疲れさまでした。

【寒い日が続きますが、今日もお疲れさまでした。】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


寒くなり、少し暖かい日があって、また、寒くなる。
体に気を付けて頑張りましょう。

Image016.jpg

自分で頑張らない人に本当にチャンスが与えられるのか?

【自分で頑張らない人たちに本当にチャンスが与えられるのか?】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


先日の日経新聞に大企業しか見ていない経済産業省へ批判が出ていました。

自民党の小泉氏も現状を変えるには、若い人の意見を聞かなくてはいけない、ということを言ってましたが、難しいところはありますが、選挙に勝つことだけでは将来が心配です。

現状の動きは野党も同じように思います、目先のことばかりのようですから。

将来はベーシックインカムで乗り切れる、ということが書いてある本がよく出ていますが、改革のなかに参加していない人に福祉がいらないほどのお金が配分されるとは思いません。

年金で海外で暮らすことを考える人、理論だけで書かれたベーシックインカムの話を聞き、それをもとに将来を考える人、と比べると日本に来たほうが大変でも将来を考えることができると、日本の夜の労働を支えてくれてる外国人のほうがまともな感じがします。

入管の規制緩和の問題はちゃんとした契約を結んで、それを守ることが現状では必要なことですが、現在の海外の問題を考えると来た人がずっと働ける環境作りが必要だと思います。

安い賃金で働いてもらって、必要なくなれば帰らせる、という社会環境では、問題が起こると考えたほうが正解だと思われます。

人間は育った社会常識で考え、感覚が作られますから、今でいえば、資本主義のなけでの常識から抜け出すことは難しいことです。

しかし、今の社会で勝ちあがれる人は、それで良いと思いますが、どんな仕組みが作られても今の常識では正しい生き方でも、その仕組みを自分たちで育て、守るという行動がなくてはうまくいかないと思います





今日も1日お疲れさま。

今日も1日、お疲れさま

②小次郎
プロフィール

行政書士本広

Author:行政書士本広
行政書士が作った合同会社によって、日本で初めてトラック1台で加入して、社員(従業員ではありません)になれば、名貸しではなく、営業ナンバーを付けて運送業が出来る大阪運送事業合同会社を作ることが出来ました!
運送業でこれからの時代を生き抜くために作った大阪運送事業合同会社!です。
このブログで、大阪運送事業合同会社の特徴の説明、社員募集をしています。そして、大阪運送事業合同会社が一番嫌いなのが、「名義貸し」です。
そういうことも含めて詳しいことをブログで書いていきます。
大阪運送事業合同会社のことで、質問のある方は、気楽に連絡してください。
(TEL)072-923-0460
(メールは)kqkr05340@ares.eonet.ne.jp

FC2カウンター
ノーマルカレンダー
<< 12
2018
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR