FC2ブログ

大阪運送事業合同会社紹介!

【大阪運送事業合同会社を訪問された方への会社紹介】
(会社紹介は常に一番に表示しています)

ブログ記事は、次の記事が更新の一番新しい記事となります。

大阪運送事業合同会社は、平成22年8月に一般貨物自動車運送事業、利用運送事業許可を受けた運送会社です。

大阪運送事業合同会社の仕組みは、「合同会社に利益をもたらすのは、運送業務に携わる社員だから、運送業務に携わる社員の収入の方が運営に携わる者より多いことが当然」という考えに基づいて作られています。

税務署の法人部門担当官との相談で、庸車としています。合同会社の仕事を社員所有トラックで運送する。合同会社は雇用契約ではありません。加入契約よって社員(出資者)となります。売上の1割~2割を運営費として会社に納めてもらい、後は、社員の所得となります。この仕組みにより、合同会社の社員は労働者ではなくなります。そして、合同会社の規則、指示に従って運送業務を行ってることにより、合同会社の構成員であることを明らかにしています。この2点が大阪運送事業合同会社の重要ポイントです。

大阪運送事業合同会社は、社員の力により維持、発展できる会社です。会社は本廣が作りましたが、維持、発展できるかどうかは社員しだいです。

しかし、今の社会に生きてきて、「皆で作っていく」というのは、分りにくいことです。「誰かに雇われる」と「誰かを雇う」という経験を単純に足して出来ることではありません。

大阪運送事業合同会社は、「トラックを持ち、仕事を持つ」人の加入が基本です。そして、どうにかですが、トラックのリース・ローンを組むことが出きるようになりました。

そして、大阪運送事業合同会社の失敗として、「トラックを持ち、仕事を持つ人」がほとんどいなくなったことがあります。しかし、私の考えでは普通の運送会社に変えることは出来ません。

これから約3年がポイントだと思っています。合同会社の実力のある社員は雇用運転手より、良い所得が得られています。しかし、運送業はきつい仕事ですから、運営側と実働側には、現状は、意識に差が出来るようです。この点の改善がこれからの課題であり、この約3年の間に社員が支え、発展させている会社になるかどうかが重要だと考えています。

大阪運送事業合同会社の社員は一人一人が運営者です。

大阪運送事業合同会社という会社は、こういう仕組みの会社です!


それでは、多くの方が大阪運送事業合同会社の目標に共感し、仕組みに可能性をみて、加入してくださることを期待して、紹介を終わりとしたいと思います。


スポンサーサイト



03/02のツイートまとめ

motosijuku

薔薇一輪(詩・再掲)。 https://t.co/iAu3xPnFvb
03-02 21:56

ピロリ菌の検査結果とコロナの抗原検査にトライ https://t.co/yIOc34xu2I
03-02 21:54

体験談その4 社会福祉法人和悦会 虐待事件 「もっと強い薬を処方してもらう必要があります(施設長)」お前何者やねん!! https://t.co/niTO7rRFPq
03-02 21:53

1億総マスク時代の処方箋 ここまでをまとめ読み! その7 https://t.co/EgxK2dizb1
03-02 21:49

武田鉄矢さん、中国では「一般家庭に冷蔵庫がない」と発言。文化放送で新型コロナに関する持論を展開 https://t.co/MG84u3Nl5p
03-02 21:48

【おやじ韓国地方旅 天安】 チャガルチオシジャン「자갈치어시장」 冬の味覚ブリを韓国で食べてみました https://t.co/4l4udVwycm
03-02 21:46

迷路館の殺人(ミステリー小説) https://t.co/gTIQudTJ42
03-02 21:43

百人一首 ⑧ https://t.co/rTXnJoBE82
03-02 21:42

パレイドリア現象を引き起こした目玉焼き丼に思いを馳せる愉快なおっさん https://t.co/3Xh1zuYAaG
03-02 21:41

渋沢栄一と富岡八幡宮 https://t.co/Mxkub1pCGw
03-02 21:33

続きを読む

自営業者でいたい!

【自営業者でいたい!】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


合同会社の基本は、自営業者でありたい!ですね(笑)

「人に使われるのは嫌、人を使うのも嫌!」ということです。

雇用契約によって、人を使う人は、労働基準法を守って、しっかり稼ぎ、従業員に良い生活をさせてあげてください。

大企業、公務員になりたい気持ちは分かるつもりですが、誰かに頼っていると、必死でお金を稼いでいる人たちと同じというわけにはいきません。

格差は、これからも資本主義が本格化していくなら、ますます開いていくと思います。

一部の大金持ちと、大多数の貧困者、となるのが嫌なら、日本にお金があるうちに誰かに頼るのをやめることです。

まだ、間に合います

合同会社と自営業者!

【合同会社と自営業者!】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


大阪運送事業合同会社は変わった会社ですが、会社ということで、勘違いしやすいこともあるかもしれません。

運送会社であれば、普通は、従業員の給料を払うこと、そして、会社の経営のための収入も必要です。

従業員の給料と自分とその他数人の給料で収入のすべてが消えてしまうようでは、この会社は駄目です。

大阪運送事業合同会社は経費が掛からないことによって、社員が多くの収入を得られる仕組みになっています。

しかし、同じ仕事をしているのに、残る所得は人により異なります。これが実力の差だと言えます。

普通の運送会社であれば、社会保険、労働保険に入ることが必要です。

しかし、現実には、国の決まりに従っていない、あるいは、従う力がない会社があります。

そして、僕はよく言っていますが、会社を始めた人は雇用される人には分からないリスクを負って必死に会社を発展させてきています。

こういう会社に現状では、雇用されるのが当たり前になっています。そして、そこには、それに合う仕組みができています。

お金持ちにお金が集まるのは、当然のことだと思います。そこにすがって生きる人と同じでは、会社を作って頑張ってきた人は納得できません。

そこで、僕は、自営業者が集まって発展させる会社を作ったわけですが、しっかり考えて作った会社ですが、日本で初めての会社ですし、一つしかない会社ですから、試行錯誤があります。

長くなり過ぎましたので、ちょっとまとめて終わりにしますが、自覚のある自営業者が集まらないと、大阪運送事業合同会社は上手く発展できません。

自営業者は貧乏な人が多いということもよく書いていますが、失敗する自営業者が集まったのでは、発展は無理です。

自営業者同士が力を合わせて頑張ることで、初めて、発展の成功が見えてくると思います



合同会社の未来!

【合同会社の未来!】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


合同会社と言っても大阪運送事業合同会社にあてはまることになります。

合同会社で運送業の許可をもらった頃は、近畿運輸局は小さい会社でも頑張ってる会社は応援しようという考えだったと思います。

それでなくては、大阪運送事業合同会社に許可を出してくれていないと思います。

また、その当時は頑張って、運送業の許可を取り社長になってやる!と思うことが不可能な時代ではありませんでした。

僕は、社員のなかで、もっと儲けたい、と思う人がいることは問題ないと思っています。

最近では、社員で儲けたい、とは思っても許可を取って、社長になろう!ということを本気で考える人は、ほとんどいない、と思います。

お金を儲けたい、ということは、問題ないのですが、お金を儲けるには、人を雇ってということに気が付きます。

その従業員の給料、社会保険、労働保険を継続的に守ってあげられるのなら、問題ありません。

しかし、運送業界では、自分の生活がやっとできる、という状態で、貯金もなく、人を雇い、自分と同じ仕事をさせて、そのなかから約束した給料を渡す、というもののようです。

このやり方では、ささいな問題が起こっても、給料が払えなくなる状態になるように思えますし、同じ仕事をして、自分は、従業員の取り分から、給料分だけを渡して、後は自分が取る。

こういうやり方は好きではないですし、リスクを負って事業を起こし、寝る間をおしんで働く経営者とは本質が違います。

そして、大阪運送事業合同会社のなかにいる間に、それを行うなら、トラックは自分で購入して、やらなくてはいけないと思います。

合同会社のなかには、自分一人で稼ぐのが良い、と思う人もいます。そういう人は過去にちょっと頼まれて人を雇ってみたが、大変だったという苦い経験があるようです。

そして、何故、考えないのかが不思議ですが、リース、ローンでトラックをいれて従業員を雇おうとするわけですが、許可をもっているのは、いろいろな人が集まっている大阪運送事業合同会社です。

本人がすべての責任を負えるという状態で、自分の事業をしなくては駄目だと思います。許可を持っている合同会社がこの状況では、責任の主体となります。

僕は、現状では、運送業で食っていきたい、と思っている人を基本に考えています。

自営業者の集まりを大切にして、大阪運送事業合同会社を守っていきたい、と思っています



プロフィール

行政書士本広

Author:行政書士本広
行政書士が作った合同会社によって、日本で初めてトラック1台で加入して、社員(従業員ではありません)になれば、名貸しではなく、営業ナンバーを付けて運送業が出来る大阪運送事業合同会社を作ることが出来ました!
運送業でこれからの時代を生き抜くために作った大阪運送事業合同会社!です。
このブログで、大阪運送事業合同会社の特徴の説明、社員募集をしています。そして、大阪運送事業合同会社が一番嫌いなのが、「名義貸し」です。
そういうことも含めて詳しいことをブログで書いていきます。
大阪運送事業合同会社のことで、質問のある方は、気楽に連絡してください。
(TEL)072-923-0460
(メールは)kqkr05340@ares.eonet.ne.jp

FC2カウンター
ノーマルカレンダー
<< 03
2021
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR