FC2ブログ

運送業で時代を生き抜く大阪運送事業合同会社!

【大阪運送事業合同会社を訪問された方への会社紹介】
(会社紹介は常に一番に表示しています)

ブログ記事は、次の記事が更新の一番新しい記事となります。

大阪運送事業合同会社は、平成22年8月に一般貨物自動車運送事業、利用運送事業許可を受けた運送会社です。

大阪運送事業合同会社の仕組みは、「合同会社に利益をもたらすのは、運送業務に携わる社員だから、運送業務に携わる社員の収入の方が多いことが当然」という考えに基づいて作られています。

税務署の法人部門担当官との相談で、庸車としています。合同会社の仕事を社員所有トラックで運送する。合同会社は雇用契約ではなく、加入契約よって社員(出資者)となります。売上の1割~2割を運営費として会社に納めてもらい、後は、社員の所得となります。この仕組みにより、社員は労働者ではなくなります。そして、合同会社の規則、指示に従って運送業務を行ってることにより、合同会社の構成員であることを明らかにしています。この2点が大阪運送事業合同会社の重要ポイントです。

大阪運送事業合同会社は、特定の誰かの会社ではありませんから、会社の維持、発展に必要な費用だけが、会社の収入です。そして、会社の維持、発展のために必要な運営費ですから、この運営費が不足すれば、大阪運送事業合同会社は、倒産してしまいます。ですから、大阪運送事業合同会社は、自分たちの会社だということをしっかり自覚して大阪運送事業合同会社に加入してもらいたいと思います。大阪運送事業合同会社の維持・発展は自分の生活の維持・発展につながることになります。

大阪運送事業合同会社は、「トラックを持ち、仕事を持つ」人の加入が基本です。しかし、現状を踏まえて、仕事を確保することにもしっかり取り組んでいます。そして、トラックの用意も出来るようになりました。リース・ローンを組むことが出きるようになりました。

しかし、リース・ローンも枠がありますから、次から次にいれることは出来ません。そして、リースでいれる車は新しい車ですから、経済的負担も大きいです。そのため、短期リース・ローンによって中古車をいれることも予定しています。

そして、大阪運送事業合同会社としては、4トン中心で事業計画を組んでいく予定です。大型車は値段も高いですし、車庫の問題も起こってきます。

大型で加入したい人を拒否することはありません。しかし、少し待ってもらうことはありそうです。遅い歩みですが、頑張っていきますので、これからもよろしくお願いします

大阪運送事業合同会社という会社は、こういう仕組みの会社です。


それでは、多くの方が大阪運送事業合同会社の目標に共感し、仕組みに可能性をみて、加入してくださることを期待して、紹介を終わりとしたいと思います。


スポンサーサイト

10/21のツイートまとめ

motosijuku

チャイナ擁護で報道しない自由を使う日本の報道機関! https://t.co/kXcwwMlraB
10-21 20:22

田舎い~なぁ かんぱにーさんのほんまもんの甘酒のご紹介です https://t.co/56FYENgj2q
10-21 20:21

【映画レビュー】大逆転(1983年:アメリカ) https://t.co/5u6Jp0gTFk
10-21 20:15

女装を初めてするキミへ――『女装男子部!』 https://t.co/fP9jEyDT1J @ayahaaadayoさんから
10-21 15:06

二人の碩学 https://t.co/TuGBHdWzcq
10-21 15:03

てつレオン https://t.co/UxmuU4tGk7
10-21 15:02

緩く生きようという考え方 https://t.co/Flan77PUeW
10-21 14:58

離婚を考えたら明石市に転居してしまいましょう2~養育費を補填 https://t.co/V1wnsr4AYZ
10-21 14:56

蝋燭の灯りに父の優しさが浮かぶ夜。 https://t.co/6HCmIER5CX
10-21 14:54

雪の花びら(未刊詩集より)。 https://t.co/HchVd1iRFw
10-21 14:39

続きを読む

大阪運送事業合同会社のこれから!

【大阪運送事業合同会社のこれから!】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


大阪運送事業合同会社は仕事が取れることとトラックのリース・ローンができる会社になることを目標にしてきました。

そして、今、どうにかのレベルですが仕事があり、リースができる会社になりました。

しかし、運転手不足、4トン以上に乗れる免許を持っていない人がいない、という状況に他の運送会社と同じでお手上げです。

資金のある運送会社であれば、免許取得の費用、時間の援助が出来るかもしれませんが、合同会社にはその力はありません。

また、運送業界の不人気により、そういう体制を作っても無意味かもしれません。

大阪運送事業合同会社は、昨年、仕事が取れることと、リースが出来ることに力を注いで、それらを達成できましたが、大きなミスもしていまだに足をひっぱられている面もあります。

しかし、運転手不足、自動運転車に変わっていくこと、規則は厳しくなる一方だということを嘆いていても仕方がありません。

大阪運送事業合同会社は、日本で一つしかない、自営業者的な人たちの集まりで、規則、管理をしっかりしていれば、継続していける運送会社です。

大阪運送事業合同会社は、今年の後半、来年はじっくりと体制を整えていく予定です。

新しい社員の加入はいつでも歓迎ですし、小さくても潰れない会社の基盤は出来たようですから、期待してください

争うことはありえませんが、運輸局などにも、今の法律、規則をしっかり守りながら、新しい管理方法を提示していきたいと思っています。

そのためには、社員が健康であり、収入も良く、無事故無違反の運送会社としての実績を積んでいくことだと考え、頑張っていきます!


運送業は落ち着く時期がきています!

【運送業は落ち着く時期が来ています!】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


介護などと違って運送業は成熟期に入ってることは確かだと思います。

運送業界の今の一番の問題は運転手がいないということです。

今、運送業界は厳しい規制が増えていっている状況ですが、運送会社が多すぎるのは事実です。

また、零細も小企業も救っていくのが本当は良いと思いますが、良い方法とは思いませんが、手っ取り早く成果を上げるには、厳しく締め上げるのが早いのは事実です。程度の問題はありますが!

支えていく、伸ばしていくという作業は実際、難しくなかなか成果があがりません。

大阪運送事業合同会社は、自動運転車になるときに生き残ることが出来れば、その後も社員にとって良い運送会社として生き残っていけると思います。

運転が好きだ!という人にとっては不満のでそうな生き残り方になるかもしれませんが、僕たちが生きている間で考えれば、トラックのハンドルにはさわれないが、車に乗っていろいろなところに楽に行くことができる運送業の従事者として、収入も大阪運送事業合同会社でしたら、ほかの大手よりも良いと考えていますから、少し考えを変えることができれば、一概に悪いことばかりではないかもしれません。

免許はどうなるのかが今ははっきりしていませんが、僕も車であちこちに行けるようになれば、行ってみたいです。

ずっと先の僕たちには関係ない、車に運転手がいない状況になっても、合同会社の仕組みは社員にプラスに働くとおもっています。

仕組みは誰のものか?が問題です



シンプルで理想的な運送会社!

【シンプルで理想的な運送会社!】
【大阪府八尾市の行政書士本広】


以前に株式会社で運送会社を作れば、生き残れてる会社は少ししかない!というこを書いたことがあります。

経費の問題は、会社側と国側では、見る基本が違うので、国税に入られると何か相違点は出てきます。

刑事事件の冤罪とは、本質が違うので、仕方がない、というところはありますが、出さされる金額が大きいので、会社にとっては大きな痛手となります。

話を戻して、何かこれから発展していく産業には、今でしたら補助金が出たりしますが、昔でしたら、規制が緩い、というところだと思います。

運送業界の一人としては、こんなに厳しい状況なのに、規制は厳しくなる一方という感じですが、社会の現状から客観的にみると、運送会社は多すぎるという感じだと思います。

昔ながらの考えでいけば、零細、小企業というところは、一番大切な事故を起こさない!という点からも問題があるように見えます。

ちゃんと見れば、零細、小企業は問題があって、中企業、大企業はない!ということはないと思いますが、あまり細かく見ていこうとすると大変です。

僕は、運送業者としての自覚を持った運転手がいる運送会社が一番だと思っています。

健康に気を付け、事故を起こさない!そして、運転手の収入も他の業種に勤めている人に負けない、という運転手が集まっている運送会社が一番だと思っています




プロフィール

行政書士本広

Author:行政書士本広
行政書士が作った合同会社によって、日本で初めてトラック1台で加入して、社員(従業員ではありません)になれば、名貸しではなく、営業ナンバーを付けて運送業が出来る大阪運送事業合同会社を作ることが出来ました!
運送業でこれからの時代を生き抜くために作った大阪運送事業合同会社!です。
このブログで、大阪運送事業合同会社の特徴の説明、社員募集をしています。そして、大阪運送事業合同会社が一番嫌いなのが、「名義貸し」です。
そういうことも含めて詳しいことをブログで書いていきます。
大阪運送事業合同会社のことで、質問のある方は、気楽に連絡してください。
(TEL)072-923-0460
(メールは)kqkr05340@ares.eonet.ne.jp

FC2カウンター
ノーマルカレンダー
<< 10
2018
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR